フォト
無料ブログはココログ

« 使いたくないCMタレントTOP40に入った現役プロ野球選手-ダルビッシュ有ともう一人は!? | トップページ | 存続の危機に瀕しているのは関西独立リーグばかりでなく… »

2009年5月23日 (土)

ダルビッシュ有が投げ、中田翔が打つ!!-札幌ドームでついに実現

ファイターズファンにとって、待ちに待った日がついに訪れた。20日に初の一軍昇格を果たしたものの二試合出番無しだった中田翔が23日、本拠地札幌ドームのスワローズ戦で「七番・DH」でスタメン出場を果たした。奇しくも、この日のファイターズの先発はダルビッシュ有。

「ダルビッシュ有が投げ、中田翔が打つ」-2007年のドラフトで中田のファイターズ入団が決まってからファイターズファンが待ちに待ったシーンがついに実現した。

 

 

先輩のダルビッシュの入団一年目は、喫煙発覚などの経緯はあったもののゴールデンウイークに鎌ヶ谷デビューしてからあっという間に一軍入りしたのだった。中田も…と期待したファイターズファンも多かったが中田の一年目はファームから抜け出すことはなかった。

それが今季の中田はファームでポジションを三塁から一塁に移したのが奏功したのか、開幕から「四番・一塁」と固定されてイースタンで本塁打、打点の二部門でのトップを走る好調ぶり。敗戦処理。が観戦した試合でも、単に大きいのを狙う打撃から、状況に応じた打撃を見せるなど着実な成長を感じさせていた。主砲、ターメル・スレッジの故障で空いた一軍枠についに中田に白羽の矢が立った。

中田は第一打席であっという間に三遊間を抜けてレフト前に達するプロ入り初安打を放ったが、今季のファームで先頭打者として打席に立った時などによく見られた打球に似ている感じがした。ファームと違い、一軍ではすぐに大砲としての片鱗を発揮するのは難しいかもしれないが、本人が意識過剰にならず「ファームと一軍ではレベルが違う」と言うことを踏まえて毎打席勉強のつもりでのぞめば、北海道のファンが望む一発はなかなか出なくても、下位打線の打者としてのそこそこの成績は残せるのではないかと思う。ただ、今日にしても相手スワローズの先発を左腕投手のリッキー・バレットと予想したということもあろうが、ジャイアンツ戦で二岡智宏が故障したからこその抜擢という側面もあるだろう(昼間の札幌ドームでのイースタンの試合で梨田昌孝監督の面前で一発を放ったからかも)。パ・セ交流戦では予告先発はないが相手の投手を右投手先発と予想したらルイス・ヒメネスをDHで使うだろう。

将来の大砲、中田翔にその片鱗を求め、確率は低くても時にとてつもない一発を放ってほしいと願うのか、ファームと一軍のレベルの差を実感しつつ、今季のファームで身につけた確実性のあるコンパクトに振り抜く打撃でまずはチームに貢献できる結果を求めるのか。

個人的には相手が右投手だろうが左投手だろうが少なくともDH制を使える試合は当面中田をDHに固定して欲しい気もする。しかしそれを実現するには十二球団トップのチーム打率を誇るレギュラーメンバーの誰かを犠牲にしなければならないジレンマがある。明日からはDHなしのカードが二カード続く。梨田監督も悩みどころだろう。

まぁダメならまた鎌ヶ谷でやり直せば良いだけ。気楽に勉強しろ、中田!!

« 使いたくないCMタレントTOP40に入った現役プロ野球選手-ダルビッシュ有ともう一人は!? | トップページ | 存続の危機に瀕しているのは関西独立リーグばかりでなく… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 使いたくないCMタレントTOP40に入った現役プロ野球選手-ダルビッシュ有ともう一人は!? | トップページ | 存続の危機に瀕しているのは関西独立リーグばかりでなく… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック