フォト
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

アツシしっかりしなさい

01 モデルの平岩めぐみと今月6日に結婚したことを発表したばかりのファイターズの鵜久森淳志。チームの絶対的エース、ダルビッシュ有と同期、同年齢の入団五年目。これをきっかけに飛躍したいところですが、どうなのでしょうか?

(写真:一打サヨナラのチャンスに凡退する鵜久森。29日のイースタン、対マリーンズ戦より)

続きを読む "アツシしっかりしなさい" »

2009年4月21日 (火)

C☆Bが東京ドームで怒られた理由…

blog4月8日付 C☆B、東京ドーム職員に注意される!? では同日のファイターズ対マリーンズ戦で六回表のマリーンズ攻撃時にマスコットのC☆Bが一塁側エキサイトシートに現れて観戦中のファイターズファンと触れ合おうとしたら、球場の職員から注意されてふさぎ込んでしまったことを書いたが、その後いろいろと調べると、東京ドーム側がナーバスにならざるを得ない理由がわかった。こんな事が起きていたのである。

続きを読む "C☆Bが東京ドームで怒られた理由…" »

2009年4月20日 (月)

次期監督は西村徳文か与田剛か?-マリーンズはこういう事態を想定出来なかったのか?

C01 マリーンズが、今シーズン限りで契約が切れるボビー・バレンタイン監督と新たな契約を更新しないということをシーズン前に公表するという異例の事態になった時からイヤな予感はしていたが、それが現実になった。

先週、日刊スポーツがマリーンズの来季監督を西村徳文ヘッドコーチと報じ、次いでスポーツニッポンはOBでWBCのブルペンコーチを務めた与田剛の名前を挙げた。

(写真:2007年のシーズン限りでの退任を表明していたファイターズのトレイ・ヒルマン監督とともに千葉マリンスタジアムのグラウンドを一周するボビー・バレンタイン監督。今度は自分が…  2007年9月撮影)

続きを読む "次期監督は西村徳文か与田剛か?-マリーンズはこういう事態を想定出来なかったのか?" »

2009年4月19日 (日)

ドラゴンズの小山桂司は「こやま」ではなく「おやま」です。松坂大輔の横浜高校時代の女房役ではありません。

01 昨シーズン限りでファイターズから戦力外通告を受けた小山桂司がドラゴンズに拾われ、開幕一軍入りを果たした。現在、正捕手の谷繁元信が右ふくらはぎ痛で戦列を離れており、今日(19)のジャイアンツ戦では先発マスクをかぶった。「よくぞここまで…」と敗戦処理。としても感慨深いものがあるが、本拠地のファンの認知度は上のタイトルの通り。まだまだなのでしょうか。

(写真:同点で迎えた四回裏無死一塁で送りバントをする小山。次打者が投手なのにバントを命じられるとは…。しかも成功して一死二塁になったのに投手がそのまま打席に…。信用されていないのか、それとも…)

続きを読む "ドラゴンズの小山桂司は「こやま」ではなく「おやま」です。松坂大輔の横浜高校時代の女房役ではありません。" »

2009年4月18日 (土)

大田泰示はポロポロ、辻内崇伸はボロボロ。ジャイアンツのファームはどこかおかしい!?

Photo 野球観戦しやすい気候になってきた。敗戦処理。は今日(18)ジャイアンツ球場のジャイアンツ対ファイターズ戦を生観戦してきた。既に何度かこの表現を用いてきたが、ジャイアンツとファイターズを応援する敗戦処理。にとってはこのカードは一度に二試合分観られるようなお得感のあるカードだ(これが一軍だと微妙に精神状態が異なるのだが…)。

だが、今日の試合はそんなお得感を味わえなかった。ジャイアンツが2対12と大敗したのである。もちろん直接対決なのだからどちらかが勝てばどちらかが負ける。そんなことはわかりきっている。

ジャイアンツの野球の内容があまりにお粗末だったからだ。

(写真:九回表に連打を浴び、イニングの途中で降板させられる辻内崇伸と斎藤雅樹投手コーチ。辻内の制球難も気になったが、斎藤コーチのメタボ体型も相変わらず…)

続きを読む "大田泰示はポロポロ、辻内崇伸はボロボロ。ジャイアンツのファームはどこかおかしい!?" »

2009年4月17日 (金)

難しい…

今日(16)のファイターズはファームから上がってきた武田勝が今季初登板で初勝利。しかも自身初となる完投勝利を飾った。

ファイターズファンとしてもちろん嬉しい1勝には変わりないのですが、この結果を聞いて、考えさせられることがありました。

続きを読む "難しい…" »

2009年4月16日 (木)

「プロ野球のサービスの満足度調査」でファイターズが1位!

Dsc_0037 14日に購入した夕刊フジの最終面に興味深い調査結果が出ていた。慶応義塾大学理工学部の鈴木秀男准教授が今年1月に発表した「プロ野球のサービスの満足度調査」の総合満足度でファイターズが2位のタイガース、3位のドラゴンズを上回って1位になった。

【近年、優秀な成績をおさめている】1

【常に選手は全力で戦い迫力あるおもしろい野球を見せている】1

【マスコット】1

【ファンサービスの充実】1

【選手とファンの交流】1

【地域住民へのサービス・貢献活動】1

ファイターズファンとしては、何とも光栄なアンケート結果だ。

続きを読む "「プロ野球のサービスの満足度調査」でファイターズが1位!" »

2009年4月13日 (月)

十二球団唯一の中四日先発&とっかえひっかえスタメン-焦っているのか原辰徳監督?

01 ジャイアンツが昨日は引き分けに終わったものの5連勝と好調である。開幕カードで2敗1分けに終わったときには昨年と同じ泥沼の開幕連敗地獄にはまるかと思ったが、ベイスターズ、タイガースを相手に一転連勝街道だ。

ただ、勝つのはいいのですが、何か引っかかるのですよねぇ…。

続きを読む "十二球団唯一の中四日先発&とっかえひっかえスタメン-焦っているのか原辰徳監督?" »

2009年4月 8日 (水)

C☆B、東京ドーム職員に注意される!?

01 稲葉篤記の神懸かり的な三打席連続本塁打で東京ドームシリーズに連勝したファイターズですが、試合中、ファイターズの鎌ヶ谷のマスコット、C☆Bがドームの職員に注意されるというハプニングがありました。

(写真:六回表、一塁側エキサイトシートに登場したC☆B。この後…)

続きを読む "C☆B、東京ドーム職員に注意される!?" »

2009年4月 7日 (火)

やっぱり二岡智宏には「 Sky High 」が似合う。

01 ファイターズが開幕四戦目にして初白星。東京ドームを知り尽くす二岡智宏が同点本塁打と勝ち越しの一打の呼び水となる安打を放った。

 

何より嬉しかったのが、打席に入る入場曲がジャイアンツ時代と同じ Jigsaw の「 Sky High 」だったこと。ファイターズファンにも早く浸透して欲しい。

 

(写真:五回裏の本塁打に続き、七回裏一死二塁から内野安打を放った二岡智宏)

続きを読む "やっぱり二岡智宏には「 Sky High 」が似合う。" »

2009年4月 5日 (日)

育成選手はつらいよ…

01

 

 

先月、スポーツ新聞でこんな記事を見つけた。

◆ 巨人とロッテは2日、2軍の若手選手と育成選手による連合チーム「シリウス」を編成して試合を開催することを発表した。巨人、ロッテともに二桁の育成選手が所属しており、二軍戦にすら出場機会を与えられない選手が増加。二軍選手にとって実戦での鍛錬は不可欠とこの事態を深刻に受け止めている両球団の思惑が一致。深刻( Serious )にちなんで連合チームの名を「シリウス」と名づけた。社会人チーム、クラブチームと24試合を戦う。巨人・金杞泰コーチ、ロッテ・佐藤幸彦コーチが監督を務める。4月5日にはNOMOベースボールクラブと対戦する予定。

で、早速観てきました。

(写真:シリウス対NOMOベースボールクラブ戦。先制打を放つシリウスの一員、ジャイアンツの育成選手、福元淳志)

続きを読む "育成選手はつらいよ…" »

2009年4月 4日 (土)

ジャイアンツの高校卒ルーキー橋本到が故郷に凱旋

Photo 大田泰示ばかりに注目が集まるジャイアンツのファームで、大田と同じ高校卒ルーキー橋本到も奮闘中だ。大田の全試合出場には及ばないが、ここまでチーム8試合中、7試合に出場。打率こそ.200と低いが、センターを任され、守備範囲の広さとセンスの良さを発揮している。その橋本がこの週末、故郷、宮城県でのイースタンに凱旋出場。果たして故郷で錦を飾れるのでしょうか?

(写真:大田泰示を上回る大拍手に送られた橋本到の第一打席。いいあたりだったがライトの正面のライナーに倒れる)

続きを読む "ジャイアンツの高校卒ルーキー橋本到が故郷に凱旋" »

2009年4月 3日 (金)

いきなりオガラミ神話崩壊-2009年プロ野球公式戦開幕

001_2 20年ぶりにジャイアンツの開幕戦を生観戦しましたが、セス・グライシンガーがまさかの4回KO。小笠原道大、アレックス・ラミレスに連続本塁打が出て昨年なら鉄板の勝ちパターンだったのですが、いきなり「オガラミ神話」が崩壊。幸先の悪いスタートになってしまいました。

(写真:3対6と3点のビハインドながら七回表にマウンドに上がった豊田清と見守る尾花高夫投手総合コーチ。開幕戦ならではの贅沢な投手起用と言えば聞こえはいいが…)

続きを読む "いきなりオガラミ神話崩壊-2009年プロ野球公式戦開幕" »

2009年4月 2日 (木)

おめでたいシーンにニアミスばかりの敗戦処理。が目撃出来た2000本安打達成の瞬間-【回想】敗戦処理。生観戦録-第7回 1980年(昭和55年)編

これまで当blogで毎月2日に交互に掲載していた 敗戦処理。が生観戦した野球場が48カ所の観戦球場を出し尽くしたので当面 敗戦処理。が生観戦したプロ野球- my only one game of each year 一本でいくことにします。1974(昭和49)に初めてプロ野球を生観戦した敗戦処理。はその後毎年、途切れることなく数試合から十数試合を生観戦しています。そこで一年単位にその年の生観戦で最も印象に残っている試合を選び出し、その試合の感想をあらためて書いていきたいと思います。年齢不詳の敗戦処理。ですが同年代の日本の野球ファンの方に「そういえば、あんな試合があったな」と懐かしんでもらえれば幸いです。

 

 

 

【回想】敗戦処理。生観戦録- my only one game of each year 第7回 1980(昭和55)

続きを読む "おめでたいシーンにニアミスばかりの敗戦処理。が目撃出来た2000本安打達成の瞬間-【回想】敗戦処理。生観戦録-第7回 1980年(昭和55年)編" »

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック