フォト
無料ブログはココログ

« 「ミスター・ドラゴンズ」立浪和義が来季限りでの現役引退を示唆したと聞いて、ある選手への大型複数年契約に期待したくなった。 | トップページ | 王貞治ホークス前監督がジャイアンツOB会の会長に就任。 »

2008年12月 7日 (日)

カープの新本拠地を「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」と呼ぶことにして本当に良いのか?

01 6日、今シーズンでカープの本拠地としての役目を終えた広島市民球場で「ありがとう市民球場!ベースボールフェスタ」が行われ、OB59選手等を集めての紅白戦などで大いに盛り上がった様だ。今季、惜しくもAクラス入りを逃し、クライマックスシリーズあるいは日本シリーズを市民球場最後の舞台にすることは叶わなかったが約28000人のファンを集めての盛大なイベントになった様だ。来シーズンから広島駅近くの新しい本拠地で闘うことになり、新球場は既にマツダがネーミングライツを得て「MAZDA ZoomZoomスタジアム広島」と呼ばれることが決まっている様だが、6日のセレモニーの様子をテレビで観て、本当にネーミングライツで呼んで良いのかという疑問が起きてしまった。

 

(写真:今シーズン限りでカープの本拠地としての役目を終えた広島市民球場。本年6月28日撮影)

 

 

 

行きたかった…。

 

 

126日に広島市民球場とファンのお別れのセレモニーを行うことはかなり前から報道で知っていた。土曜日の午後だし、何とか見納めにしたいと、以前には思っていた。しかし、別れを惜しむファンによって盛況が予想されるこのセレモニーにカープファンでもない敗戦処理。が足を運んで良いものか?という自問自答が続いているうちに@ぴあでは sold out してしまった。そして昨夜のスポーツニュースでその様子を確認し、行かなくて正解だったと思った。敗戦処理。が入場券を入手することで誰か一人のカープファンがその瞬間を逃す様なことがあってはやはり申し訳ない。スタンドがファンで埋め尽くされている映像を見てあらためてそう認識した。

広島と言えばマツダ。確かに新球場のネーミングライツを得るスポンサーとしては最適な選択かもしれない。報道によると五年契約で年間三億円だとか。球場の建設費、維持費などをまかなうには喉から手が出るほど欲しい金額なのだろう。それについては敗戦処理。は否定しない。いや出来ない。しかし、しかしである。

カープファンや、地元の方々が思い入れを強く持っている「市民球場」という呼び方をどこかに入れられなかったものか?

そもそも「MAZDA ZoomZoomスタジアム広島」は新聞やテレビの表記ではどう扱われるのだろうか?

今シーズンからゴールデンイーグルスの本拠地のネーミングライツを得た日本製紙は当初「日本製紙クリネックススタジアム宮城」という名称にしたが同社の古紙配合率の偽装問題が発覚したため球場名から社名の「日本製紙」を外し「クリネックススタジアム宮城」と改称した。それでも名称として長いのでメディアでは「Kスタ宮城」と略される。果たしてこれで宣伝効果があるのか他人事ながら気になってしまう。ティッシュペーパーとしての「クリネックス」の知名度は広いのだろうがそれが「日本製紙」という企業のブランドであると言うことまで認知していない消費者が意外に多いので「クリネックス」に対する消費者のブランドイメージを「日本製紙」という企業へのイメージに結びつけたいがためのネーミングライツだったかと思われるが、ここまで略されると効果の程が疑問になる。もちろん、宣伝効果云々を度外視して、この素晴らしい野球場を支援しようというのなら話は別だが。この不況下で「投資」にならない「寄付」に株主その他のステークホルダーが納得するかどうか…。

 

また日本のネーミングライツの先駆けと言えるサッカー等に使われる東京都調布市の「味の素スタジアム」(旧名称:東京スタジアム)はネーミングライツの話題になると、ファンや地元に浸透した成功例としてこの種の話題で引用されることが多い。敗戦処理。にとっても地元と言うほどではないが同じ京王線沿線と言うことで親近感を持てる施設だ。だが同スタジアムに隣接する、市民がフットサルなどに利用するサブグラウンドにまで味の素がネーミングライツを得た結果、このサブグラウンドが「アミノバイタルフィールド」と名付けられてしまった。前述の「クリネックス」ではないが激化するアミノ酸飲料の中で「アミノバイタル」が味の素のブランドであることを浸透させたい意図で名付けたと思われるが、アミノバイタルフィールドは「スポーツの施設というより、人体実験でもしていそうな感じだ」と今一イメージが良くない様だ。

話しは戻ってカープの新本拠地。「ZZ広島」とでもなるのだろうか?

カープファンや地元の方々には「市民球場」という呼び名に愛着を深く持っている層が多いという。何年か前、カープファンを公言しているお笑いタレントが出演しているテレビ番組で、他のタレントがカープを茶化していて「『市民球場』っていう名前がダサイよ。高校野球の予選の一回戦か二回戦の球場じゃないんだから」とか言って笑いをとっていた。しかし、そのお笑いタレントは「市民球場」を「市営球場」と勘違いしていたのではないか。「○○市営球場」、「○○県営球場」はそれこそ高校野球の地方予選で大活躍するが、「市民球場」はそうはない。

平成193月にベースボールマガジン社から刊行された「球場物語2」には500を超える日本全国の球場が記載されているが、巻末の索引から「市営球場」「町営球場」「県営球場」と名付けられている球場をピックアップすると84を数えるが「市民球場」「町民球場」「県民球場」と名付けられている球場はその半数強の51しかなかった。

「市営球場」と「市民球場」の違いなど、多くの人にとっては取るに足らないことかもしれないが、こだわりのある人にとってはそういうものではないのだ。「市が経営している球場」と「市民の球場」と言い換えれば二つの呼称が似て非なるものであることに気付かれる方も多いのではないか。

敗戦処理。は個人的には新しい球場の名前を「二代目広島市民球場」として欲しかったのだ。これでも長いというのならメディアでの略称は「広島Ⅱ」などで良かろう。

今シーズン限りで現役を引退した清原和博が不遇だったジャイアンツ時代を思い出し、「それでも『巨人の四番』を張れたことを誇りに思いたい。日本で『○代目』とか呼ばれるのって総理大臣と相撲の横綱と巨人の四番打者くらいや。それほど、特別のものなんや」と語ったという記事を読んだ記憶がある。歌舞伎、落語など伝統芸能の世界に幅を拡げれば「○代目□□…」と語り継がれる存在はもっと多くいるが<苦笑>、清原のこの自己分析に接して広島市民球場もそれらに相当する、語り継がれ、名前を残されるべき球場なのではないかと感じたからだ。

マツダさん、「MAZDA ZoomZoom市民スタジアム広島」ということで手を打ちませんか?

 

« 「ミスター・ドラゴンズ」立浪和義が来季限りでの現役引退を示唆したと聞いて、ある選手への大型複数年契約に期待したくなった。 | トップページ | 王貞治ホークス前監督がジャイアンツOB会の会長に就任。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ミスター・ドラゴンズ」立浪和義が来季限りでの現役引退を示唆したと聞いて、ある選手への大型複数年契約に期待したくなった。 | トップページ | 王貞治ホークス前監督がジャイアンツOB会の会長に就任。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック