フォト
無料ブログはココログ

« プロ野球実行委員会案は田澤純一をそのまんま東にするのか?-そして田澤の登場で今年のドラフト会議は理想のドラフト会議になる!? | トップページ | 信じていてよかった。諦めないでよかった。 »

2008年10月 9日 (木)

メークレジェンドに乗り損ねそうな人…。

01 今日(9日)は敗戦処理。が毎年楽しみにしているジャイアンツの本拠地最終戦なので生観戦してきましたが、4対8で完敗。優勝マジックを減らすことが出来ませんでした。それでも明日と明後日の神宮球場の対スワローズ戦に連勝すれば「メークレジェンド」が完結するのですが、どうも約一名、「メークレジェンド」に乗り損ねそうな人がいます。

昨日、今シーズン初めて単独首位に立ったジャイアンツ。優勝マジック2も点灯し、「メークレジェンド」完結にまっしぐらのつもりで臨んだ本拠地最終戦だったが、試合序盤で0対6と6点のビハインドを追う展開となり、得意の空中戦に持ち込もうとしたが4対8で敗れた。今日はタイガースの試合がないため、優勝マジック2は変わらず。

3対8から木村拓也のソロ本塁打で4対8とした七回裏。二死から四球と死球で一、二塁。打席に先発のサウスポー、石井裕也から第二打席で本塁打を放っている谷というところで原辰徳監督が動いた。

「バッター、谷に代わりまして 高橋由伸 バッター 高橋。背番号24!!

マウンドの投手は前の回から右投げの山口俊に代わっていたが、敗戦処理。が観戦していた一塁側内野一階B指定席の辺りではヨシノブ登場で歓声を上げるファンがいる一方でこの代打起用に疑問の声も挙がっていた。

「何で谷を代えるんだ!?

「たまには働け!」

「仕事しろ!」

「打てないんだからぶつかってでも塁に出ろ!」

ジャイアンツの顔と言っても過言でない看板選手にお膝元のジャイアンツファンから怒号の嵐だ。

実は高橋由は今月4日の対ドラゴンズ戦でも九回裏の反撃期に谷の代打として起用されたがあえなく三振に倒れた。この時は相手がサウスポーの岩瀬仁紀だっただけに東京ドームではもっとどよめいたという。

そして今日も山口の前に三振に倒れ、チャンスを潰した。

この試合、まだ5点ビハインドだった七回表にジャイアンツは三番手として越智大祐を投入した。「まだまだ諦めないぞ」という意思表示に思え、事実直後のイニングに1点を返した。高橋由の打席の時には二死ということもあって越智はベンチ前で投球練習を始めていたが、この回の反撃が1点に終わると、越智は続投せず八回表のマウンドには久保裕也が上がった。越智に2イニング投げさせるのはもったいない-事実上、原監督が負けた場合も想定したこの試合の分岐点だったシーンだ。

* 冒頭の画像は高橋由が代打に起用された時のオーロラビジョン。この成績ではファンから怒号が飛び交うのもごもっとも…?

高橋由伸は一体どうしたのだろうか?

シーズン前に左膝の手術をした影響で開幕から極度の打撃不振に陥っていた小笠原道大は大数の法則で驚異的な復活を果たした。北京五輪までずっと調整していたイ・スンヨプも五輪終了後、徐々に復調の兆しを示している。開幕からKOが続いて二軍落ちした上原浩治もここにきてようやく、先発ローテーション投手として期待に応えている。二岡智宏が再度の故障で戦列を離れているが、あとは高橋由伸だけである。

このままでは仮にジャイアンツが「メークレジェンド」を完結させても一人蚊帳の外といった感じでシーズンを終えそうだ。

高橋由に関しては時折腰痛と報じられるが、今日も代打で三振に終わった後、そのままライトの守備に付いていたし、どうしようもない重症ではないようだ。あるいは篠塚和典コーチの現役時代のように、朝起きてみないと腰の状態がわからないという性質のものなのか。篠塚はグラウンドに入るまで試合に出られるか出られないか自分でも判断出来ない時があったというが。

それでなくても今シーズンの前にはレギュラー級の野手の約半数が身体のどこかしらにメスを入れるという状況だった。無理して開幕に間に合わせた二岡は開幕戦で早くもリタイヤ。イ・スンヨプは開幕直前の大事な時期に韓国代表の一員として最終予選で日本のプロ野球とはレベルが程遠い投手と対戦して調整に戸惑い、打率一割台から抜け出せない低迷ぶり。小笠原は前述のように痛々しかったし、阿部慎之助もオープン戦で守っていて走者のスライディングを受けて負傷し、突貫工事で開幕に間に合わせたツケで打撃が絶不調。チームは開幕五連敗のスタートで、先発に復帰した「エース」の上原も不振による二軍落ち。その借金をなかなか返せない日々が続く。こんな状況で昨年まで選手会長を務めていた看板選手である高橋由が「あそこが痛い」とは口が裂けても言えなかったのではないか…。そのような状況でも推測しない限り、今日のオーロラビジョンに出た成績はあり得ない数字だ。敗戦処理。は以前に当blogで高橋由伸をトレード要員に挙げたことがあるが、そのくらい不甲斐ない成績だ。原監督の起用法にも大いに問題があると思うが、結果を出せない高橋由ももどかしい。

ところで、高橋由起用に関しては敗戦処理。と周囲のジャイアンツファンの思いは似たような感じだったが、ジャイアンツファン一色の場所に座っていて、ちょっと感覚が違うなと感じざるを得ないシーンもあった。

この試合はジャイアンツにとっては優勝に近づく大事な一戦だがベイスターズにとっては本塁打王を争っている村田修一を応援したい一戦だ。村田とジャイアンツのアレックス・ラミレスは試合前まで43本塁打で並んでトップを走っていた。

ベイスターズが6対0とリードして迎えた四回裏。ベイスターズの先発の石井裕は先頭のラミレスに打った瞬間にわかる本塁打を喫し、ラミレスに単独トップに立たれてしまった。投手心理として先頭打者には四球を出したくないというのもあったろうが、本塁打だけは避けたいシチュエーションだったのではないか。幸いにもその後、村田にも一発が出て再び44本で並んだがラミレスの一発にびびったベイスターズ側はこの後、ラミレスと勝負をしない。

五回裏二死一塁(YB8-3G) 四球

七回裏二死無走者(YB8-4G)四球

九回裏一死一塁 (YB8-4G)四球

さかのぼればベイスターズが3対0でリードしていた一回裏の第一打席もストレートの四球だった。ラミレスは第二打席、唯一のチャンスを見逃さなかったことになる。第三打席以降、捕手が立ち上がらないので記録上は故意四球にはならないが、明らかに勝負を避けられた。回を増すごとにジャイアンツファンからの怒号はエスカレートしていく。

しかしよくよく考えれば、いかにラミレスと言えども本塁打をそうそう連発出来るものでもない。ジャイアンツは大量点差を追わなければならず、単発のソロ本塁打もいいが、まずは走者を塁に貯めたいところだから、確実に塁を与えてくれるのはマジックナンバーを減らすためにはありがたいはずなのだ。敗戦処理。は球場の観客席(特に外野席)を時々「理性を群集心理が凌駕する空間」と表現することがあるが、特に今日はそう感じた。ファンとして腹を立てなければならない対象は勝負を避けるベイスターズサイドではなく、本塁打の後、三回出塁したラミレスを一度もホームに還せなかった後続の打者達なのではないか。相手は勝敗よりチームの主砲のタイトル争いを気にしているのだ。敗戦処理。も心情的にはジャイアンツには優勝を、そして本塁打王争いは北京五輪期間に離脱していた村田が報われても良いのではと感じているのだが…。

Photo_3  

試合終了後、本拠地最終戦ということで原監督以下、コーチ陣、選手がサインボールをスタンドに投げ入れるサービスをした。ファームの最終戦では何故か一人一球限定だったがこちらは各自まちまちに数球を投じていた。ファーム同様監督の挨拶はなかったがオーロラビジョンに監督の声明が表示された。

Photo_4  

その後、レフトスタンドに残っていたベイスターズファンが勝ちどきをあげ、先制3ランを放った吉村裕基らヒーローのヒッティングマーチを一通り謳歌した後、ともにこの試合で代打に出て安打を放った石井琢朗、鈴木尚のヒッティングマーチを歌っていたのが印象に残った。

ジャイアンツは二試合を残し、優勝マジック2。明日、明後日と神宮球場でスワローズと二連戦。タイガースが勝とうがジャイアンツが連勝すれば優勝出来る。

 

敗戦処理。は11日の最終戦、神宮に行く。まだジャイアンツが優勝する瞬間を生で観ていないので何とか観たいのだが…。

 

« プロ野球実行委員会案は田澤純一をそのまんま東にするのか?-そして田澤の登場で今年のドラフト会議は理想のドラフト会議になる!? | トップページ | 信じていてよかった。諦めないでよかった。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メークレジェンドに乗り損ねそうな人…。:

« プロ野球実行委員会案は田澤純一をそのまんま東にするのか?-そして田澤の登場で今年のドラフト会議は理想のドラフト会議になる!? | トップページ | 信じていてよかった。諦めないでよかった。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック