フォト
無料ブログはココログ

« もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか? | トップページ | 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? »

2008年10月22日 (水)

ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。

ライオンズファンの皆様、日本シリーズ進出決定、おめでとうございます。

悔しいけど、今年のライオンズは本当に強かったですね。脱帽でした。

だから藤井秀悟に先発させておけば良かったんだ!-なんて今さら言っても遅いので言いませんが(>言っているだろう!)、結局レギュラーシーズンの成績の差のまんまでしたね。でも対戦成績の割りには頑張ったかな。

とにかく2008年のファイターズの闘いは終わりました。

負け試合が一方的すぎるとか、言いだしたらきりがないので、やめておきましょう。

敗戦処理。的にはクライマックスシリーズ云々を別にしても、年間で勝率五割以上、順位がAクラスをノルマとしているので今シーズンのファイターズは及第点だと思っています。

ただ、その成績を紐解くとパ・リーグ同士の対戦でカード別で勝ち越したのはホークス戦だけ。あとはマリーンズ戦が五分で他は三球団に負け越しています。そしてセ・リーグ相手の交流戦で得た貯金で何とかAクラスを確保した形でした。このアンバランスさは来シーズンには解消されなければならないでしょう。

昨年ファイターズがリーグ優勝した時に「あの戦力でよく優勝出来たものだ」と言われました。たしかに、その前の年の2006年の日本一、アジアチャンピオンまで登り詰めた年に比べて小笠原道大、SHINJO、岡島秀樹が抜けたチームは明らかに弱体化していました。それでも何とかリーグ優勝出来、クライマックスシリーズも突破できたのはトレイ・ヒルマン前監督の手腕が大きかったのは言うまでもないでしょう。ただ残念なことにその名監督が抜けた今年、レギュラーシーズンは三位に終わりました。

敗戦処理。はこれが2006年と比べて小笠原、SHINJO、岡島の抜けたチームの真の実力だと思っています。梨田昌孝監督の采配、選手起用にファイターズファンからも多くの疑問の声が挙がっているのは知っています。まぁしかし、よい点も悪い点も合わせて結局今のチーム力がその通りに順位に反映したのだと思っています。

梨田監督が旧バファローズを率いていた時代に「いてまえ打線」と呼ばれた猛打のチームカラーだったことからファイターズが打力のチームに変身するだろうと楽観視していたファンとか、逆にファイターズを「いてまえ打線」感覚で采配しているから勝てないのだ!等という見当違いも甚だしい批判も見受けました。

前の年に比べて成績が下がっているのは確かですから、ファンが苛立ち始めるのはわかりますが当を得ない批判が少なくなかったのも事実でしょう。

まず素人目に見ても、今のファイターズで「いてまえ打線」のような攻撃型の野球が出来ないことはわかります。捕手出身の梨田監督はこのチームなら自分の目指す野球にチャレンジ出来るかもしれないと考えて監督就任要請を受けたのではないかと敗戦処理。は思っています。

二年連続リーグ優勝の監督の後、ましてやヒルマン前監督はチームが北海道に来た時からの監督です。北海道のファンにとってヒルマン前監督は初代かつ唯一の「監督」なのです。その直後を受けるなんて、普通に考えたら損です。勝って当たり前。二位でも前年より低下でファンから叩かれかねないのです。普通はこういう時は内部昇格が真っ先に検討されるのでしょうが片腕の白井一幸ヘッドコーチに逃げられてしまった…。

ただ、梨田監督が擁護されるのも就任一年目の今年だけでしょう。来シーズンは完全に結果で判断されるでしょう。フロントの考え方にもよりますが、課題は明らかです。短期的、長期的課題にどれだけ手を打てるかにもよりますが今年と同じような野球をし、今年と同じような成績ならファンは冷めてしまうでしょう。東京の頃のファイターズとは違うのです。北海道に行って五年間で四回もプレーオフに進出しているチームです。

このチームがこれからも長く、北海道のファンを中心に愛される球団として定着できるかは来シーズンにかかっている様に思っています。

選手、監督・コーチ、裏方さんやスタッフの皆さん、半年間、夢を見せてくれてありがとうございました。

blogを読んで下さっているファイターズファンの皆様、お疲れ様でした。

そして最後にもう一度。

ライオンズファンの皆様、おめでとうございます。

« もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか? | トップページ | 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。:

« もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか? | トップページ | 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック