フォト
無料ブログはココログ

« 大数の法則 | トップページ | 【イースタン】スワローズにM7点灯もジャイアンツがついにゲーム差なしに猛接近!! »

2008年9月13日 (土)

田沢純一は何処へ行く?

今秋のドラフト会議の目玉といわれている社会人野球・新日本石油ENEOSの投手、田沢純一が日本プロ野球を経ずに大リーグ入りをしたいと意思表示したことが物議を醸している。これまで日米球界間にはお互いのドラフト制度を尊重する紳士協定があり、互いに一方の有力アマ選手に手を出さないようにしていたが、田沢のような例が続出すると、日本のプロ野球界としてはたまらない。各方面から反対意見、対策の確立を求める声などが挙がり、11日には緊急の十二球団代表者会議が開かれ、16日には日米間でこの問題に関する協議が開かれるというが、果たして…

「日本のメジャーリーガー全部引き揚げさせる」

こう吠えたのはジャイアンツの滝鼻卓雄オーナーだ。しかし日本を代表すると言っても過言でない言論機関のトップの一人である同オーナーが、日本人大リーガーをMLBから引き揚げるなどということが現実的かどうか、わからないはずはない。暴言癖が球団会長に似てきたなと嗤うのは簡単だが、ちょっと考えてみた。

一昔、いや二昔前の安っぽい刑事ドラマ(や、刑事ドラマ仕立てのコント)では犯人捜しの段階で犯人が過剰なまでに自分の潔白を主張するのでテレビを見ていて誰が犯人だかわかりやすいものが、ままあったが、滝鼻オーナーの非現実的な叫びを聞いて、この人は何か裏があるのではないかと勘ぐってしまった。

「アメリカの方で挑戦してみたい気持ちが強い」

この田沢の言葉を、

「早稲田大学に進学します」

と置き換えたらどうだろうか?

決意の固さを信じた他球団はドラフトでの強行指名を断念し、田沢は大リーグの球団との交渉に入るのかと思ったら、日本のある球団が単独指名。

「『日本のプロから指名されたら絶対に行かない』とは言ってません」と記者会見で開き直る姿。

約四半世紀前にあっと驚いたドラフト会議の光景が甦ってくるようだ。あの時、ラジオでドラフト会議の生中継を聞いていた敗戦処理。は故・パンチョ伊東さんが読み上げたジャイアンツのドラフト一位指名選手の名に仰天した。

ちょうど十年前のドラフトの時期にも日本と大リーグを秤に掛けていた投手がいた。その投手は結局、当時の逆指名制度を利用して上記の例と同じチームに入団した。

ただ、早稲田大学に進学すると言っていた投手はどうか知らないが、大リーグと二股をかけていた投手は本気だったようで、今年めでたくFA権を取得。取得時点でシーズン序盤にもかかわらず大リーグに挑戦する意思があることを表明した。

逆指名制度、自由獲得枠、希望枠…

名称こそ変われど、その年のドラフトの目玉選手を前年順位やくじ運に影響されず獲得出来る制度がなくなって、ライバル球団を出し抜く戦力補強が困難になった球団が新たな奥の手を探す可能性は否定出来ない。

そんなときに社会人野球に大リーグのスカウトの目を引くほどの技量のドラフト候補がいたとしたら…。

「逆逆指名だな」

日本の球団からのドラフトでの指名を断る旨のFAXを送ったという話題に対し、滝鼻オーナーがこぼしたコメントに、かつていい思いをした制度の名前が出てくるのは偶然だろうか?

「それとも、FAXによる意思表示は無効だ!」とばかりに、二重契約騒動を巻き起こした球団が強行指名するのか?この球団にも今は故人となったが、ドラフトでの有望選手獲得にあの手この手を駆使する策士がいた。

考え過ぎかな<苦笑>

もう少しライトに考えると、今回の田沢のケースを例に出して、前述の逆指名制度などの制度を復活させる糸口にと考えている球団があるかもしれない。

報道によると、田沢が大リーグ球団と契約する場合にMLBのドラフト会議の対象にはならないそうで、希望する球団と交渉出来るのだという。ということは、現状、田沢が特定の球団を希望して入団交渉出来る可能性は日本にはなく、大リーグだけになる。「第二、第三の田沢を出さないためにドラフトでの希望枠の復活を」こんなことを言い出す球団が出てくるかもしれない。

さし当たっては16日に行われるという日米間協議の結果を待つしかないが、加藤良三コミッショナーの手腕が問われる場面が早くも登場した感じだ。

« 大数の法則 | トップページ | 【イースタン】スワローズにM7点灯もジャイアンツがついにゲーム差なしに猛接近!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田沢純一は何処へ行く?:

« 大数の法則 | トップページ | 【イースタン】スワローズにM7点灯もジャイアンツがついにゲーム差なしに猛接近!! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック