フォト
無料ブログはココログ

« 【イースタン】最下位ファイターズがYsとGに連勝でまだまだわからない優勝争い!? | トップページ | 鎌ヶ谷最終戦-中田翔、九番打者で出場 »

2008年9月21日 (日)

32年ぶりのワンツーフィニッシュへ-敗戦処理。の秘かな念願

19日からのジャイアンツ対タイガース三連戦にジャイアンツが三連勝し、ついにジャイアンツが今シーズン初めて首位に立った。最大13ゲーム差からの追いつきは、あの1996年「メークドラマ」の時の11.5ゲーム差を上回る。もちろんまだ最後までどちらに転ぶかわからない状況だが、これで敗戦処理。の秘かな念願にかなり近づいた気がする。

敗戦処理。が日本のプロ野球に興味を持ち始めたのは1973(将和48)、ジャイアンツV9の最後の年だ。この年、ジャイアンツの不振もあってセ・リーグは空前の大混戦となってジャイアンツとタイガースの優勝争いは両軍の最終戦までもつれ込んだ。甲子園での最後の直接対決を前にして首位タイガースと2位のジャイアンツのゲーム差は0.5だった。タイガースは勝つか引き分けで優勝。ジャイアンツが優勝するには引き分けではダメで、タイガースに勝つしかなかった。その試合にジャイアンツは9対0と圧勝。見事9年連続リーグ優勝を果たし、日本シリーズも制覇した。

この時に野球の魅力に虜になった敗戦処理。はジャイアンツファンになりながらもタイガースという球団に特別な感情を持った。

この時代に野球に興味を持ち始めてジャイアンツファンになった方はほとんど当てはまるだろうが、ジャイアンツのライバルはタイガースなのである。いまでもこのチームの対決は「伝統の一戦」と括られるが、この時代くらいまでにジャイアンツファンになった世代と、それ以降にジャイアンツファンになった世代とではタイガースという球団に対する感覚が大きく異なるように思える。

何故ならこのV9最後の年以降、シーズン終盤までジャイアンツとタイガースが優勝争いをしたのは1976年の一回だけだからだ。

日本プロ野球草創期からのライバル関係にあるジャイアンツとタイガース。沢村栄治VS景浦将の時代から、村山実VS長嶋茂雄、江夏豊VS王貞治、星飛雄馬VS花形満と続くライバル関係は単なる一対一の関係ではなく、優勝を争う両チームの看板対決だった訳だ。

それがこの両チームが直接優勝争いをしなくなると、様相を異にしてくる。

江川卓の入団をめぐる禍根で、小林繁がジャイアンツからタイガースにトレードされるという出来事があって両チームの因縁は続くが、タイガースが1985年の優勝以降、長い低迷期に入ってしまい江川卓と掛布雅之がともに若くしてユニフォームを脱ぐと、若い世代のファンには「巨人と阪神の一戦は『伝統の一戦』」というフレーズのみにライバル関係を感じるようになりがちである。江川と掛布のライバル関係にしても、当人同士が同じ年齢であるなど、個人的なライバル関係という感じがしてならない。ましてやそれ以降となると、せいぜい藪恵壹VS清原和博の死球渦による遺恨対決や、松井秀喜VS遠山奨志のワンポイント対決、長嶋茂雄VS野村克也という本筋から離れたライバルのストーリーが語られる程度だ。

タイガースが長い低迷期を脱して2003年に優勝する時、ジャイアンツが逆にトンネルに入る時代が来る。タイガースは2005年にも優勝するがジャイアンツはその年Bクラス。そしてジャイアンツが2007年にリーグ優勝を果たした年、タイガースも3位と健闘したが、ジャイアンツと優勝争いをしたのはどちらかというとドラゴンズだった。

今年、ようやくジャイアンツとタイガースのシーズン終盤での優勝争いが実現したのだ!

1976年以来、32年ぶりに秘かな念願が叶ったのだ。

ここで蛇足ながらタイガースとタイガースファンの名誉のため、一部のファンがタイガースの低迷期に関して誤解している点をフォローしておこう。

前述のタイガースの1985年の優勝は、1964年の優勝以来21年ぶりの優勝であり、その後また優勝から遠ざかり、次の2003年の優勝が18年ぶりだった。しかし1964年の後の20年間と、1985年の後の17年間では実は状況が全く異なる。

後者はよく知られているように、その間ほとんどの年が最下位に沈んでおり、17年中15年間がBクラスだった。これに対して前者は優勝出来なかった20年間の前半はジャイアンツのV9時代でタイガースは「万年二位」的存在であった。同じチームに毎年優勝を持って行かれる屈辱こそあったものの、タイガースの順位自体は上位安定していた。同じ、優勝出来なかった期間でもこの二つは全く状況が異なるのだが、ごっちゃにしているファンが一部にいるようだ。

おぼろげながら当時子供だった敗戦処理。の記憶をたどると、周囲の大人が「巨人は自民党、阪神は社会党」とたとえていたのが印象に残っている。当時のタイガースを、当時の野党第一党であった社会党(現在の社民党)にたとえていたのだ。

閑話休題。

セの他の四球団のファンの方には申し訳ないが、残り少ない今シーズン、ジャイアンツとタイガースで最後まで優勝を争ってもらい、そしてそれを見届けたい。クライマックスシリーズも上位二球団だけでやって欲しいくらいだ。

「伝統の一戦」-本当にこのフレーズにふさわしい闘いを最後まで続けてほしい。もちろん「最後」とはこの場合、クライマックスシリーズ第二ステージを指す。

« 【イースタン】最下位ファイターズがYsとGに連勝でまだまだわからない優勝争い!? | トップページ | 鎌ヶ谷最終戦-中田翔、九番打者で出場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 32年ぶりのワンツーフィニッシュへ-敗戦処理。の秘かな念願:

« 【イースタン】最下位ファイターズがYsとGに連勝でまだまだわからない優勝争い!? | トップページ | 鎌ヶ谷最終戦-中田翔、九番打者で出場 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック