フォト
無料ブログはココログ

« 【イースタン】ジャイアンツがファイターズに連勝。スワローズがサヨナラ負けでついに首位浮上!! | トップページ | 放言王子・柔道石井慧の箴言 »

2008年9月16日 (火)

アジアシリーズ2008に冠スポンサー無し

11日、アジアシリーズ2008の開催要項が発表された。例年通り日本、台湾、韓国の各国リーグを制したチャンピオンチームが参加するとともに昨年までは代表チームで参加していた中国も今年は単独チームで参加する。会場は今年も東京ドームで、1113日から16日まで行われる。中国もチャンピオンチームが参加することでまた新たな展開が期待出来る、と思ったら昨年まで協賛していた冠スポンサーのコナミが撤退したため今年は冠無しの大会となったという。優勝賞金(5,000万円)と賞金総額(1億円)は変わらないと言うが、この大会、曲がり角なのですかね?

まだ記憶に新しい北京五輪での野球日本代表の、対韓国代表戦2連敗。これが引き金になり、今年のアジアシリーズには新たな盛り上がりが期待出来るのではと敗戦処理。は勝手に思い込んでいた。

とりあえずアジアシリーズではイ・スンヨプが敵に回ることは無いし<苦笑>

しかもアジアシリーズは過去三回とも日本の出場チームが優勝していて、ともすれば意外性が無く思われがちだが、昨年の大会では初めて日本のチームが予選で韓国のチームに敗れた。昨年は初日に日本のドラゴンズが韓国のSKワイバーンズに3対6で敗れる波乱の幕開きだったのだ。

北京五輪での屈辱、露呈した力関係が皮肉にもマンネリに陥る手前のアジアシリーズの活路を見いだす要因になるのではと思っていた。

しかし、冠スポンサーのコナミの撤退は大きな打撃だ。今大会は冠無しと発表されたということは、他のスポンサーを当たったが見つからなかったということなのだろう。

かくなる上は、東京ドームでの開催を見直すとか、抜本的な開催方法の見直しを考えるしかないだろう。日本以外の参加国にドーム球場の施設がないことから、開催時期を考えると日本で行うしかないという話を以前に聞いたことがあるが、昨年の北京五輪の予選は12月の頭に台湾の屋外球場で行われた。11月中旬であれば、日本以外でもやってやれないことはないだろう。アジアなら時差も少なく、テレビ中継の時間帯も大きな変化はないだろう。

WBCは「アメリカの、アメリカによる、アメリカのための大会」だし、対MLBの牽制球としてアジア大会の発展は個人的にはNPBにとって不可欠だと考えている。もちろんその先にアジアシリーズチャンピオンとワールドシリーズのチャンピオンとの対決を見越しているからだ。

現在、コミッショナー事務局サイドがWBCの打ち合わせなどで渡米しているが,WBCより先にやってくるアジアシリーズも軽視してはならない大会だと個人的には思っている。加藤良三コミッショナー、こちらも腕の見せ所ですよ。

ところで、今年の日本シリーズは11月1日()に第一戦が行われる予定で、第七戦は11月9日()。アジアシリーズ初戦の四日前だ。他国の状況はわからないが、日本シリーズ終了後にローテーションを組み直せるかが鍵になるだろう。

そしてこの日程だと今年は日米野球を開催する暇がない。二年前に選手会から「11月は真剣勝負の月にしたい」と請願されパ・リーグは東西対抗の廃止に踏み切ったが、ついに日米野球にもメスが入るのか?

隔年開催で、なおかつ読売新聞社と毎日新聞社が交互に主催する日米野球。今年は毎日新聞社主催の順番。パ・リーグが東西対抗を切った時、毎日新聞社出身のパ・リーグ会長が日米野球開催を維持するために身代わりで東西対抗を差しだしたと敗戦処理。は邪推したが、日米野球中止なら思惑外れと言うことになろう。それとも、アジアシリーズ終了後に無理矢理開催するのだろうか?

« 【イースタン】ジャイアンツがファイターズに連勝。スワローズがサヨナラ負けでついに首位浮上!! | トップページ | 放言王子・柔道石井慧の箴言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアシリーズ2008に冠スポンサー無し:

« 【イースタン】ジャイアンツがファイターズに連勝。スワローズがサヨナラ負けでついに首位浮上!! | トップページ | 放言王子・柔道石井慧の箴言 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック