フォト
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ジャイアンツ「メークドラマ」への朗報

こんな新聞の見出しを見つけました。

続きを読む "ジャイアンツ「メークドラマ」への朗報" »

2008年6月29日 (日)

ライオンズ・クラシック

01_4 28日から、ライオンズが前身の西鉄ライオンズのユニフォームを復刻して装用し、「ライオンズ・クラシック」を開催している。これまでは前オーナーの強い意向で「西鉄」時代はなかったことのように扱ってきた球団がついに真っ当に歴史を顧みたという点で画期的と言える。

「伝説と栄光が、いま時を越えて甦る」

本気でライオンズ球団が福岡時代からの歴史と伝統を受け継ぎ、その重みを大切にするというのなら、まずこれまでの過ちを謝罪することから始めるべきというのが敗戦処理。の意見だが、独裁者の意向故のこと。真っ当な道を進み始めた矢先に水をかけることもあるまい。

敗戦処理。は数年前のライオンズ球団幹部の発言に反対意見を表明したことを思い出した。

続きを読む "ライオンズ・クラシック" »

2008年6月28日 (土)

敗戦処理。×上原浩治=雨?

01 敗戦処理。が上原を観に行くと雨が降る?

 

この前の土日には敗戦処理。が観戦予定だったジャイアンツ球場での上原浩治登板予定が立て続けに雨天中止になりましたが、今日(28)も別に上原を観る目的で広島まで行ったのではないですが、観に行ったら「中継ぎ上原」が出そうな展開なのにその前に降雨コールドゲームになってしまいました。

雨男なのは敗戦処理。なのか、それとも上原の方なのか?

  

(写真:五回表攻撃前に三塁側のブルペンに向かう上原)

続きを読む "敗戦処理。×上原浩治=雨?" »

2008年6月24日 (火)

大道典嘉、古城茂幸、木村拓也…非巨人的補強の移籍組の活躍がチームを活性化する!

01 交流戦では惜しくも優勝を逃したジャイアンツだったが21日の対ホークス戦では大道典嘉が九回裏に同点本塁打を放ち、1点を勝ち越された後の十二回裏には古城茂幸が口火を切り、木村拓也が逆転サヨナラ打を放った。この三選手に共通するのは生え抜きでないこと、即ち移籍組と言うことだが、ジャイアンツお得意のFA補強ではない。いわば非ジャイアンツ的な補強で獲得した選手だ。こういう選手が活躍するのも痛快ではないか?

(写真:敗戦処理。コレクションの中でも自慢の一枚であるファイターズ時代の古城の直筆サイン。古城はこのサインを書いた五日後にジャイアンツにトレードが決まった。)

続きを読む "大道典嘉、古城茂幸、木村拓也…非巨人的補強の移籍組の活躍がチームを活性化する!" »

2008年6月22日 (日)

交流戦の優勝は結局ホークス!

22日のセ・パ交流戦。優勝の可能性を残した上位四球団の直接対決は勝てば無条件で優勝となるファイターズがタイガースに3対5で敗れたため、その時点では2対2の同点だったジャイアンツ対ホークス戦に優勝がかかった。勝った方が優勝で、引き分けならタイガースが優勝という条件だったが九回表にホークスがマーク・クルーンから本多雄一の二塁ゴロの間に勝ち越し点を挙げ、3対2でそのまま逃げ切って優勝を決めた。

ホークスは交流戦初優勝。これでセ・パ交流戦は第1回の2005年から四年連続でパ・リーグのチームの優勝となった。

ファイターズかジャイアンツ、どちらかが優勝してくれればと言う敗戦処理。の勝手な希望は実現しなかった。でもホークスおめでとう! とNHKハイビジョンでの放送で表彰式を見ながら素直に勝者を讃えようと思ったが、

ん、あれ、何で?

続きを読む "交流戦の優勝は結局ホークス!" »

ジャイアンツ球場で上原浩治が登板、の予定だったが…。

01 20日に発表された北京五輪の野球日本代表の最終候補に残ったジャイアンツの上原浩治が登板予定だったイースタン・リーグ公式戦を二日続けて雨で流された。今日は無理にしても、昨日はやってやれないことは無かったんじゃないですかねぇ。(写真:ジャイアンツ対ライオンズ戦が開場後に中止になり、場内アナウンスと電光掲示板でその旨を通知したジャイアンツ球場)

続きを読む "ジャイアンツ球場で上原浩治が登板、の予定だったが…。" »

2008年6月21日 (土)

いよいよ明日を残すのみ-どうなる?交流戦優勝争い

最終カード突入時に四球団に交流戦優勝の可能性があった今年のセ・パ交流戦。今日(21)はタイガースがファイターズに敗れ、ホークスはジャイアンツに逆転サヨナラ負けを喫した。この結果、明日の各1試合を残し、同率1位で四球団が並ぶというセ・パ交流戦四年目で初めての大混戦となった。

1位 ファイターズ 23試合149敗 勝率.609

1位 ジャイアンツ 23試合149敗 勝率.609

1位 ホークス   23試合149敗 勝率.609

1位 タイガース  23試合149敗 勝率.609

いずれも引き分け無し。

もちろん明日も同じカード。結果次第で四球団いずれにも交流戦優勝の可能性がある。ともにナイトゲームで行われる二試合の結果は可能性としては9通り考えられる。暇なので9通りの可能性を全部考えてみた。

続きを読む "いよいよ明日を残すのみ-どうなる?交流戦優勝争い" »

どうなる?交流戦優勝争い

交流戦も最終1カードを残し、優勝争いは上位4球団に絞られた。そしてその4球団が今日から直接対決する。偶然とはいえ面白い組み合わせになった。

まずは上位4球団の交流戦成績を挙げよう。

1位 ホークス  22試合14勝8敗 勝率.636

1位 タイガース 22試合14勝8敗 勝率.636

3位 ファイターズ22試合13勝9敗 勝率.591

3位 ジャイアンツ22試合13勝9敗 勝率.591

いずれも引き分け無し。

そして今日21日と22日、1位のホークスが3位のジャイアンツと対戦し、タイガースはファイターズと対戦する。どちらも二日間ともナイトゲームで、ともにセ・リーグのチームのホームゲームとなる。この2カードの各2試合の結果は可能性としては36通り考えられる。暇なので36通りの可能性を全部考えてみた。

続きを読む "どうなる?交流戦優勝争い" »

2008年6月16日 (月)

一塁コーチ、中田翔

15日、ファイターズのファームが一軍の本拠地、札幌ドームでイースタンの公式戦を行った。1万人を超えるファンがかけつけたが、お目当ての中田翔は前日の試合で痛めた左手首が回復せず欠場し、ファンをガッカリさせた。しかし視察していた梨田昌孝一軍監督の機転で八回裏のファイターズの攻撃時に一塁コーチとして顔見せし、ファンの拍手を浴びていたという。

ということは、一塁コーチって誰がやってもいいってこと?

続きを読む "一塁コーチ、中田翔" »

2008年6月15日 (日)

中嶋聡が戻ってきた!

いつものように試合開始前に球団公式携帯サイトから敗戦処理。に送られてくるメールを観て歓喜しました。 中嶋聡が今シーズン初めて一軍登録されていたからです。

ファイターズのコーチ兼任捕手の中嶋聡が今日(15) 、今シーズン初めて選手登録された。中嶋は昨年からコーチを兼任していた。昨年は試合終盤の抑え捕手として試合でマスクをかぶったが、今シーズンはコーチ業に専念していたのか、オープン戦で一試合にマスクをかぶったのみでシーズンに入ってからは一度も一軍選手登録されなかった。

続きを読む "中嶋聡が戻ってきた!" »

2008年6月14日 (土)

ジャイアンツ球場で上原が登板

01 といってもスワローズの上原厚治郎の方です。ごめんなさい。今日はこんなネタしか思い浮かびませんでした。

 

(写真:六回裏、この回から登板の二番手の岡本秀寛が制球難で一死満塁としたためリリーフに上がった三番手の上原。筆者注.中央の背番号68が上原)

今年は11日に初詣に先駆けてジャイアンツ球場に行ったにもかかわらず、スケジュールが合わず、なおかつ天候にも恵まれずジャイアンツ球場では教育リーグを観戦したきりだったのですが、ようやくジャイアンツ球場でのイースタン・リーグ公式戦を観戦出来ました。

 

続きを読む "ジャイアンツ球場で上原が登板" »

2008年6月12日 (木)

ダルビッシュ有と野間口貴彦

11日のファイターズ対ジャイアンツ戦。先発投手はダルビッシュ有と野間口貴彦。先発投手の格からすればファイターズが有利に思えたがフタを開けてみると野間口がダルビッシュに負けず劣らずの好投。結局ジャイアンツが1対0でファイターズを下した。大相撲に例えればジャイアンツの大金星。逆に言えばファイターズは痛い取りこぼし。

両チームを応援している敗戦処理。にはどちらが負けてもショックなのだが野間口がダルビッシュに勝ったということに感慨深いものがある。

続きを読む "ダルビッシュ有と野間口貴彦" »

2008年6月11日 (水)

原ジャイアンツ初年度のドラ1真田裕貴がトレードでベイスターズへ。

10日、ジャイアンツとベイスターズの間で1対1の交換トレードが成立した。ジャイアンツの真田裕貴とベイスターズの鶴岡一成の1対1で両球団から発表された。

敗戦処理。は真田にけっこう期待していたのですがね…。

続きを読む "原ジャイアンツ初年度のドラ1真田裕貴がトレードでベイスターズへ。" »

2008年6月10日 (火)

充実の三十路…ならず

01 ファイターズのミッチ・ジョーンズが二年契約を満了することなく戦力外通告を受けたようだ。ファイターズが新外国人選手を獲得するのに伴い、期待外れの助っ人に見切りをつけた形。

さようなら、ミッチ。日本では充実の三十路にはならなかったね。

 

(写真:日本で最後の一発? 1日の対マリーンズ戦の二回裏に神田義英から特大の本塁打を放ち、ベースを一周するジョーンズ。手前は川名慎一三塁ベースコーチ。)

続きを読む "充実の三十路…ならず" »

2008年6月 8日 (日)

6/14(土)、15(日)ファイターズのファームは北海道遠征!!

今日(7日)はほとんど思いつきで横須賀スタジアムに行き、シーレックス対ファイターズ戦を観戦してきました。日中たまたま神奈川県内で野暮用があったもので、それを済ませて追浜に向かいました。

ここは鎌ヶ谷とは真逆でファイターズファンにとってはほぼ完全アウェイになりがちなのですが、今日は鎌ヶ谷から名物応援団長のSさんを始め、応援団が大挙してきたのでそれを感じませんでした。もっともSさんには「今日は島田の方に行くかと思ってました」と言われましたが。

また次の週末にファイターズのファームが北海道に遠征するからでしょうか、北海道のHBCラジオがネット裏スタンドから実況中継をしていました。

続きを読む "6/14(土)、15(日)ファイターズのファームは北海道遠征!!" »

2008年6月 7日 (土)

中畑清の解説を聞いてふと思ったこと。-加治前竜一が史上初の初打席サヨナラ本塁打を記録した試合で。

ジャイアンツの新人、加治前竜一が史上初となるプロ入り初打席サヨナラ本塁打の快挙を成し遂げた6日のジャイアンツ対マリーンズ戦。BS日テレの中継で久しぶりに中畑清の解説を聞いた。聞きながら試合を観ていてふと思ったことがある。

解説の内容は今に始まったことではないので割愛する。そうでなく、敗戦処理。がふと思ったのは、

続きを読む "中畑清の解説を聞いてふと思ったこと。-加治前竜一が史上初の初打席サヨナラ本塁打を記録した試合で。" »

2008年6月 6日 (金)

ジャイアンツがルイス・ゴンザレスを正式解雇-でふと思ったこと。

ドーピング検査で陽性反応が出てNPBから一年間の出場停止処分を通告されたルイス・ゴンザレスが所属するジャイアンツから自由契約選手とされ、6日、公示された。

ゴンザレスが異議申し立てをしているため、厳密にいえば現時点でゴンザレスの「有罪」が確定していないのだが、ジャイアンツは発覚当初の方針通りに解雇した。当然の措置だと思うが敗戦処理。はいやな予感がする。それは…、

続きを読む "ジャイアンツがルイス・ゴンザレスを正式解雇-でふと思ったこと。" »

2008年6月 3日 (火)

野村克也監督は悪役に徹して欲しい。

Dsc_0002 27日のテレビ朝日系「報道ステーション」のスポーツコーナーで、月1回程度このコーナーに出演する長嶋一茂による、ゴールデンイーグルスの野村克也監督へのインタビューを特集していた。

  

「長嶋家は俺に対して誤解してると思うんだよなあ」とかで、野村監督が実はジャイアンツが大好きだとか、スワローズの監督時代に当時ジャイアンツの監督だった長嶋茂雄監督に敵愾心を見せていたのはマスコミを利用して「対決ムード」を煽るためだったとか告白していた。

自らはいまだ現役で、一方はリタイヤしてしかも闘病中。そしてインタビュアーはその息子。その話題に触れた以上そういう方向に話が行きがちなのは無理もないのだろうが、野村監督、ネタをばらすのはご自身もリタイヤしてからにしていただけないものだろうか。

ユニフォームを着て「現役」でいる間は「野村克也」という悪役(ヒール)に徹して下さいよ。

 

(写真:長嶋一茂を相手に「長嶋家は俺に対して誤解してると思うんだよなあ」とぼやく野村監督=5月27日・テレビ朝日系「報道ステーション」より)

続きを読む "野村克也監督は悪役に徹して欲しい。" »

2008年6月 2日 (月)

「生」観戦した野球場(45)-サンマリンスタジアム宮崎

01

いろいろな野球場で日本のプロ野球を観てきました。その数40以上。だからどうしたと言われればそれまでですが。

このコーナーでは敗戦処理。がプロ野球の試合を観戦した野球場について順に書いています。当面、月に1回、毎月2日に書いていこうと思います。なおバックナンバーは左欄のカテゴリー別から敗戦処理。が「生」観戦した野球場を選び、ダブルクリックして下さい。

45回 サンマリンスタジアム宮崎 観戦球場ファイル-41

(写真:日本で三つしかない内外野総天然芝のサンマリンスタジアム宮崎の内観。好天でなく写真写りも今一…。)

続きを読む "「生」観戦した野球場(45)-サンマリンスタジアム宮崎" »

2008年6月 1日 (日)

観戦7回目にしてついに中田翔の一発を生目撃!!

01 3月15日の教育リーグ、対ゴールデンイーグルス戦で初めて生の中田翔を観てから7試合目。ついに今日(1日)鎌ヶ谷で行われた対マリーンズ戦で中田の本塁打を生で観ることが出来ました。

(写真:二回裏先頭打者としてマリーンズの神田義英から右中間に本塁打を放った中田)

続きを読む "観戦7回目にしてついに中田翔の一発を生目撃!!" »

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック