フォト
無料ブログはココログ

« なるか四年越しの12連敗脱出!? | トップページ | B☆Bがセクハラ? »

2008年5月11日 (日)

個人的連敗記録を止めてくれたのはやっぱりガッツ!!

01

個人的に四年越しで東京ドームのジャイアンツ戦の生観戦で12連敗継続中でしたが、やっと勝てました。ヒーローインタビューこそ若手に譲りましたが、決勝打はガッツの一発!

(写真:六回裏無死。先頭の小笠原道大が中田賢一から決勝のソロ本塁打)

帰りのJR水道橋駅で総武線に乗るのに、勝って「闘魂こめて」を聴くのはおそらく初めてです。観戦して二回に一回の割合で勝ち試合に遭遇出来ても不思議でないのに何故か四年越しの12連敗。そのなかには2006年のドラゴンズのリーグ優勝の瞬間、落合博満監督の胴上げの瞬間を目の当たりにするなど、かなり苦痛な試合もありました。とにかく勝って良かったです。

ポイントはプロ入り初のスタメンに大抜擢された隠善智也。

01_2 この安打を皮切りに3安打3打点の大活躍。そしてヒーローインタビューは亀井義行、坂本勇人、脇谷亮太とともに四人で上がり、ジャイアンツ70余年の歴史でおそらく史上最高と思われる背番号合計218!によるヒーローインタビュー。他の三選手が「今日は隠善でしょう!」と隠善を立てていたのが印象的ですね。

「隠善が出て亀井が還す!」

昨年のジャイアンツのイースタンでの得点パターンのひとつです。

昨年のファームの試合ではこの隠善や捕手の伊集院峰弘が出たりすると「いつの時代の選手だ?」とからかわれたものですが、やっと一軍の勝利に貢献出来る選手になりましたね。

 

* もっとひどい輩は育成選手の鈴木誠が投げると「マック鈴木はこんなところにいたのか」とかぬかしますが…<失笑>。

その一方で試合中、最も大きな歓声で迎えられたのが七回裏に代打で出た清水隆行だったというように、ファンは苦しむベテラン選手にも暖かいのです。

とにもかくにも、今日は四年ぶりの「生」勝利にこれからじっくり余韻に浸りたいと思います。

 

本当に最高の一日でした。五回裏終了後の「Y.M.C.A.」のパクリさえなければ…<苦笑>。

 

昼間、ファイターズも連敗を止めたし。

« なるか四年越しの12連敗脱出!? | トップページ | B☆Bがセクハラ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人的連敗記録を止めてくれたのはやっぱりガッツ!!:

« なるか四年越しの12連敗脱出!? | トップページ | B☆Bがセクハラ? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック