フォト
無料ブログはココログ

« 帰ってきたアンパンマン!! | トップページ | 上原浩治二軍落ち-「口は災いの元」? »

2008年4月27日 (日)

ベース投げ、ベース埋め…マーティー・ブラウン監督の暴挙を“パフォーマンス”と評して良いのか?

26日、ベイスターズ対カープ戦でカープのマーティー・ブラウン監督がまたやった。自軍の攻撃中、打席の前田智徳のハーフスイングをめぐって谷博球審に対して暴言を吐いたとして通算6回目の退場処分を受けたが、怒りの収まらない同監督はホームベースを周辺の土で埋める“パフォーマンス”でスタンドを沸かせた。過去には抗議後に一塁ベースを投げる行為もあり、確信犯的に行っているのは明らかだが、マスコミ報道ではどうも“パフォーマンス”的に面白おかしく報じる傾向にあるようだが、本当にそれでいいのだろうか?

敢えて言わせて貰う。

抗議権のあるブラウン監督が審判員の判定に疑問を持てば審判に抗議することはあろう。その結果、納得できず退場処分を伴うほどに抗議がエスカレートすることも(さすがに退場処分6回ともなると如何なものかと思うが)百歩譲って認めよう。しかしその後にベースを取り外して投げたり、このように埋め尽くす行為を“パフォーマンス”ととらえて良いのだろうか?

まず第一に退場処分を受けたなら、監督代行者を定めて直ちにその場から退場しなければならない。

退場処分後の行為は(引き続き抗議を続けるなども含め)遅延行為に他ならない。試合時間短縮6%をモットーにしている趣旨に明らかに反する。

退場処分や判定そのものになおも不服であれば、提訴試合という方法も残されており、退場処分後にさらなる愚挙をさせてはならない。

敗戦処理。はこう考える。それゆえにブラウン監督の行為や、面白おかしく報道するマスコミに対しては遺憾の意を示さざるを得ない。

また、因果関係があるのか無いのか知らないがブラウン監督が退場処分を受けた試合はこの試合を含めカープは6戦全勝だという。それゆえにナインの士気を鼓舞する狙いでブラウン監督が抗議及び抗議後の愚挙を繰り返しているのではという声が一部にあるようだが、監督に抗議権があるのは審判員の判定に誤りがあった場合に確認、訂正を求めるためのもので士気高揚のために利用するのは筋違いであり、言語道断と言わざるを得ない。

◆米国時代からブラウン監督を知るリブジー監督代行は「彼がいなくなるときはいつも試合のポイント。退場になってでもカツが必要だと感じていたんじゃなかな」。

(27日付日刊スポーツより、下線部元記事のママ)

そして、ここから先はブラウン監督に限ったことではないかもしれないが、そもそもベースを投げたり埋めたりという行為そのものが野球というスポーツに対する侮蔑行為ではないのかという点が敗戦処理。の最大の疑問なのである。

-審判員に対する侮蔑行為のため退場-

こういう記事を見かける。いわゆる誤審騒動、誤審問題は別として、審判員に対して敬意を払わなければならないのは当然だから審判員に対する侮蔑行為が退場処分やその後の制裁金、あるいは出場停止などの追加処分が科されるのと同様に野球というスポーツそのものへの侮蔑行為にも処分を科すというとらえ方があって然るべきではないのだろうか?

いささか話が脱線するが、野球というスポーツにおけるベースというものの位置づけは得点の多い少ないを競うスポーツの種目、特に球技の中で独特のものがあると敗戦処理。は思っている。

例えばサッカーならボールがゴールに入れば得点。バスケットボール、ラグビーなどボールがある特定のスポットに入ることによって得点になるものが多い。またバレーボールやテニス、卓球などは相手の陣地にボールを入れることによって得点が入る。ちょっと意味合いが異なるがゴルフもボールがカップに入ることが基準になる。要するに多くの球技にとってボールがある場所に入ったことで得点になるものがほとんどだと思う。

しかし野球の場合、あくまでも得点の基準はボールではなくベースと選手。打球が外野のフェンスをノーバウンドで超え、本塁打になればサッカーのシュートのように得点になるが本塁打を放った打者走者がホームベースを踏んで始めて得点になるのだからだ。

それゆえに野球というスポーツにおいてベースというものはグラウンドの備品ではなく、プレーや試合の決定的な基準なのであるというのが敗戦処理。の考えであり、それを軽視してあたかもストレスの捌け口のように振る舞うプレーヤーに制裁を科さないのは如何なものかと言いたいのである。

敗戦処理。は野球以外のスポーツにほとんど精通していないが他の種目でこれほど、その競技に必要不可欠であるものに対して敬意を払わない行為がストレスの発散のようになされることがあるのだろうか?

三振したときにバットを叩きつけたり、膝で折ってしまう行為もあるがこれらも道具への八つ当たりに過ぎず感心できない。

こうした行為が外国人監督や外国人選手に多く見受けられるような気がするが、日本人選手以上に審判員に直接手を出すことを強く戒められている彼らがそのストレスの捌け口として道具に八つ当たりしているという見方も成り立つかもしれないが、だとしても情状酌量とはいくまい。

早晩、ブラウン監督への追加処分が発表されるであろう。前例のない処分がされるとは思えないが、この機会に考え直して欲しい問題ではあると思う。

 

【参考エントリー】

2006年5月18日付当blogエントリー ちょっと違うんじゃないの?-カープとSHINJO

« 帰ってきたアンパンマン!! | トップページ | 上原浩治二軍落ち-「口は災いの元」? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ってきたアンパンマン!! | トップページ | 上原浩治二軍落ち-「口は災いの元」? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック