フォト
無料ブログはココログ

« 野球界のONに続き、サッカー界ではイビチャ・オシム日本代表監督が…。 | トップページ | ありがとう、そしてさようならセギノール »

2007年11月25日 (日)

多村仁の故障は想定内?-星野ジャパンの北京五輪予選登録24選手を敗戦処理。が選ぶと…!?

23日に最後の練習試合を終えた北京五輪野球日本代表-星野ジャパンが予選が行われる台湾へと旅立った。実は豪州代表との二連戦の後にも、最終候補31選手の中から4人の選手が予選のメンバーから漏れることが明らかになった。武田久、武田勝、加藤大輔の3人の投手と、腰痛発生で自ら辞退したらしい多村仁。

多村の故障は日本代表を預かる星野仙一監督としては折り込み済みかもしれないが<苦笑>台湾に乗り込む27選手の中から、予選3試合でベンチ入りできる24選手に絞り込むまで、あと3人、誰かがベンチ入り出来ないことになる。

それは誰か?

敗戦処理。が勝手に台湾での予選3試合にベンチ入りする24選手を選んでみました。

最初に最終候補の31選手をリストアップしておきましょう。

■星野ジャパン最終候補
投手
上原浩治、高橋尚成、川上憲伸、岩瀬仁紀、藤川球児、ダルビッシュ有、武田久、武田勝、渡辺俊介、小林宏之、成瀬善久、涌井秀章、加藤大輔、長谷部康平
捕手
阿部慎之助、矢野輝弘、相川亮二、里崎智也
内野手
荒木雅博、井端弘和、村田修一、新井貴浩、宮本慎也、西岡剛(TSUYOSHI)、川崎宗則
外野手

森野将彦、青木宣親、稲葉篤紀、大村三郎(サブロー)、多村仁、和田一浩

まず考え方として、3試合だけのための人選だと言うこと。

予選を1位通過して首尾よく北京五輪に進出した場合でも、来夏に北京でのメンバーを再選出すればよいわけで、この3試合を1位通過するために最善の24人を選ぼうという発想にしました。

3試合しか無いのだから、先発投手は3人いれば充分。

とまでは言いませんが、不測の事態に備えてあと1、2人いればいいでしょう。

敗戦処理。が推す3人の先発投手は川上憲伸、ダルビッシュ有、成瀬善久。この3人にプラス2人。新日鐵君津時代にシドニー五輪のメンバーとして、また2006年のWBCにも選ばれて国際大会の経験豊富な渡辺俊介と、今後の国際大会への投資という意味も込めて涌井秀章を入れたい。残念であるが高橋尚成と小林宏之には涙を飲んでもらおう。

投手で2人減らせば、残すはあと1人。

現在4人いる捕手を1人外したらどうか。内野手7人、外野手6人というのは結構ギリギリの線だ。しかし、気になる報道がある。

報道によると台湾での予選にはブルペン捕手が登録できないらしい。

もしそうだとしたら、試合中のリリーフ投手の準備に登録されている選手を使わなければならないことを意味する。それゆえ現時点まで4人の捕手を候補として残しているのだろう。捕手を3人にした場合、例えばの話だが、阿部と里崎の一方が捕手でもう一方がDHとして出場すると、ブルペンで投手の球を受けられる本職の捕手が1人しかいないということになる。プロ野球選手の中でもトップレベルの捕手にブルペン捕手をさせなければならないとすれば国際大会ならではの厳しさとも言えよう。しかし、それでも捕手を削る以外無さそうだ。

矢野にプロ17年の経験を集大成してブルペンのまとめ役を…

相川にアテネ五輪とWBCに続いてまとめ役を…。

ごめんなさい、矢野…。

ということで、敗戦処理。が24人を選ぶとすると、以下のようになる。

■北京五輪予選最終登録24選手私案

※ポジション、氏名、五輪&WBC出場歴、野手は練習試合で守ったポジション
練習試合5試合の成績-投手は勝-敗 S 投球回、自責点、防御率
野手は打数-安打 打率、本塁打、打点

練習試合は11月17日~19日のNPB球団との対戦と、22日、23日の豪州代表戦を対象にしています。

選に漏れた選手も、北京では試合数も違いますし、また別の選び方があって然るべきですから次のチャンスを目指して欲しいですね。

投手 
上原浩治 04ア、06WBC
0-0  0S  2回 自0  0.00
川上憲伸
1-0  0S  4回 自0  0.00
岩瀬仁紀 03ア予
0-0  0S  1回 自0  0.00
藤川球児 06WBC
0-0  1S  3回 自0  0.00
ダルビッシュ有
1-0  0S  8回 自2  2.25
渡辺俊介 00シ 06WBC
0-0  0S  4回 自0  0.00
成瀬善久 
1-0  0S  5回 自0  0.00
涌井秀章
1-0  0S  5回 自1  1.80
長谷部康平
0-0  0S  1回 自0  0.00
捕手
阿部慎之助 00シ C
15-6 .400   1本 4打点
相川亮二 04ア 06WBC C
2-0 .000   0本  0打点
里崎智也 06WBC C
7-2 .286   0本 1打点
一塁手
新井貴浩 06WBC 1B
17-4 .235   0本  3打点
二塁手
西岡剛 06WBC  2B
13-4 .308   1本 4打点
荒木雅博 2B CF
7-4 .571   0本  0打点
宮本慎也 04ア 06WBC  2B 3B
4-1  .250  0本  0打点
三塁手
村田修一  3B
16-6  .375  1本 2打点
森野将彦  1B 3B
6-0  .000  0本  0打点
遊撃手
井端弘和
7-2  .286  0本  0打点
川崎宗則 06WBC  SS
19-4  .211  0本 4打点
外野手
青木宣親 06WBC  CF
17-6  .353  0本  4打点
稲葉篤紀 RF
20-8  .400  0本  1打点
大村三郎 LF RF
12-3  .250  0本  1打点
和田一浩 04ア 06WBC
4-4 1.000  0本  1打点

不選出=最終候補選手
高橋尚成
0-0  0S  3回 自0  0.00
武田久【不選出確定】
0-0  0S  2回 自1  4.50
武田勝【不選出確定】
0-0  0S  2回 自0  0.00
小林宏之 06WBC
0-0  0S  3回 自0  0.00
加藤大輔【不選出確定】
0-0  0S  2回 自0  0.00
矢野輝弘
2-1  .500  0本  0打点
多村仁【不選出確定】06WBC
10-3  .300  0本  0打点

※井端と和田は練習試合では守備についていない。

« 野球界のONに続き、サッカー界ではイビチャ・オシム日本代表監督が…。 | トップページ | ありがとう、そしてさようならセギノール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野球界のONに続き、サッカー界ではイビチャ・オシム日本代表監督が…。 | トップページ | ありがとう、そしてさようならセギノール »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック