フォト
無料ブログはココログ

« 工藤公康のプロテクト漏れ-ベイスターズ入りに関して | トップページ | これからプロ野球選手を目指す人必見!-クビになって再就職が決まりやすい球団はどこ? »

2007年1月12日 (金)

これからプロ野球選手を目指す人必見!-有名人と結ばれやすい球団はどこ?

ついこの間年が明けたかと思ったら、1月も3分の1を過ぎています。さすがに正月ボケが残っている人は少ないと思いますが、年末年始をすっかり寝正月で過ごした敗戦処理。でしたが、テレビをつけると、いやぁ~出まくっていましたね、陣内智則!これも紀香効果でしょう、レオパレスもいい宣伝になったことでしょう。それにしても、このところお笑いタレントばかりが美人女優をゲットする傾向が続いています。そこで日本プロ野球の世界はどうなのか?有名人と結ばれるケースの多い球団はどこなのか?2003年以降に有名人(タレント、女子アナ、スポーツ選手)と結婚したプロ野球選手を調べ、所属球団別にランキングしてみました。また2006年時点での現役選手であればそれ以前に結婚した選手も対象にしました。

結婚相手はタレント、女子アナ、女性スポーツ選手などジャンルを問わず広く「有名人」とします。ただし有名の度合いを三段階に分けました。

A 幅広く知名度が高い人

B そのジャンルに興味を持っている層には知名度が高い人

C 失礼ながら知名度の低い人

とし、Aを5点、Bを3点、Cを1点として集計します。A、B、Cの種別は勝手ながら敗戦処理。が判定します。

なお選手の方は有名無名を問いません。婚約、結婚当時の所属球団とします。奥さんの名前は基本的に芸名等一般によく知られた名前を優先して表記しました。肩書きは結婚当時のものを原則としました。その後離婚した人もいますが、ここでは不問です。

【ベイスターズ】

福盛和男(福元英恵=フジテレビアナウンサー) 判定B

古木克明(池端忍=モデル) 判定C

鈴木尚典(長沢百代=球団オフィシャルリポーター) 判定C

種田仁(笹山智美=元TOKYO FMパーソナリティ) 判定C

佐々木主浩(榎本加奈子=タレント) 判定A

石井琢朗(荒瀬詩織=元アナウンサー) 判定B

佐々木主浩(清水香織=タレント) 判定C

石井琢朗(瀬能あずさ=タレント) 判定B

【ゴールデンイーグルス】

川岸強(高山香織=名古屋テレビアナウンサー) 判定B

【カープ】

新井貴浩(大橋裕美子=モデル) 判定C

緒方孝市(中條かな子=タレント) 判定A

前田智徳(西岡英美=モデル) 判定C

【バファローズ(旧ブルーウェーブ、旧バファローズ)】

後藤光尊(斉藤ますみ=元グラビアアイドル) 判定B

宮本大輔(海原やすよ=漫才師) 判定B

藤崎紘範(澤田磨希=ラジオ大阪バファローズガール) 判定C

谷佳知(田村亮子=柔道) 判定A

イチロー(福島弓子=TBSアナウンサー) 判定A

田口壮(香川恵美子=TBSアナウンサー) 判定A

【ジャイアンツ】

上原浩治(山崎美穂=元モデル) 判定C

黒田哲史(新山千春=タレント) 判定B

二岡智宏(用稲千春=フリーアナウンサー) 判定C

高橋由伸(小野寺麻衣=日本テレビアナウンサー) 判定B

小田幸平(石井江奈=フリーアナウンサー) 判定C

岡島秀樹(栗原由佳=フリーアナウンサー) 判定C

【マリーンズ】

渡辺正人(WAKO=歌手) 判定C

代田建紀(北島えり=元グラビアアイドル) 判定B

サブロー(中嶋美智代=タレント) 判定B

【スワローズ】

飯田哲也(大野道子=テレビ神奈川リポーター) 判定C

城石憲之(大橋未歩=テレビ東京アナウンサー) 判定A

古田敦也(中井美穂=フジテレビアナウンサー) 判定A

石井一久(木佐彩子=フジテレビアナウンサー) 判定A

五十嵐亮太(神崎織江=ベイスターズマスコットガール) 判定C

土橋勝征(白鳥靖代=女優) 判定B

【ホークス】

岡本克道(CAORI=タレント) 判定C

杉内俊哉(上葉えりか=タレント) 判定C

和田毅(仲根ますみ=グラビアアイドル) 判定B

城島健司(大藤真紀=タレント) 判定C

松中信彦(林恵子=フリーキャスター) 判定B

本間満(結城めぐみ=グラビアアイドル) 判定B

辻武史(藤井美香=タレント) 判定C

【タイガース】

藤本敦士(仲埜裕貴=タレント) 判定C

新庄剛志(大河内志保=グラビアアイドル) 判定B

【ライオンズ】

土肥義弘(小椋玲奈=モデル) 判定C

松坂大輔(柴田倫世=日本テレビアナウンサー) 判定A

松井稼頭央(菊池美緒=タレント) 判定C

清原和博(木村亜希=元モデル) 判定C

【ドラゴンズ】

関川浩一(家森幸子=テレビ東京アナウンサー) 判定C

大西崇之(坂上晴美=プロゴルファー) 判定B

遠藤政隆(澄田理恵子=ラジオパーソナリティ) 判定C

【ファイターズ】

金村曉(奥田亜矢子=元タレント) 判定C

中嶋聡(制野愛=モデル) 判定C

木元邦之(前原絵理=女優) 判定C

金子誠(白木清か=「ニュースステーション」キャスター) 判定B

昨年結婚を発表したゴールデンイーグルスの川岸強は昨シーズン限りでドラゴンズから戦力外通告を受けてゴールデンイーグルス入りした選手ですので、本来であればドラゴンズに分類すべき選手ですが、ゴールデンイーグルスを0にしたくないのでこちらに入ってもらいました。

抜けている選手がいるかもしれませんが悪しからず。他意はありません。

またCに判定した奥様、そのファンの方、関係者の方ごめんなさい。

それでは集計します。なお一人で有名人と二度結婚している選手がいますが、何度も結婚することを奨励している訳ではないので、判定の高い方をとって計算します。

蛇足ですが複数の野球選手と結婚した有名人は見当たりません。

12位 3点=ゴールデンイーグルス

11位 4点=タイガース

10位 5点=ドラゴンズ

9位 6点=ファイターズ

7位 7点=カープ

7位 7点=マリーンズ

6位 8点=ライオンズ

5位 10点=ジャイアンツ

4位 13点=ホークス

3位 14点=ベイスターズ

2位 20点=スワローズ

1位 22点=バファローズ

イチロー、田口壮、谷佳知を輩出した旧ブルーウェーブが、フジテレビジョンの資本参加があるスワローズを僅差で制したという感じですね。

その点では3位のベイスターズもTBSが親会社ですから、今後上昇を期待したいですね。でも福盛和男のように親会社のライバル局の女子アナと結婚するとトレードされる可能性もあるので要注意です<>

4位のホークスはこの面でも地域密着という感じがします。地域密着を打ち出している球団は地元メディアから親密な取材を受けるケースも増えるでしょうから、そこで選手と女子アナ、レポーターなどとの交際が始まりやすいのではと思います。その意味では9位のファイターズの今後の上昇にも期待したいところです。

ゴールデンイーグルスの場合は出来てまだ二年間ですから、ランクの中に並べるのはきついような気がします。ちなみに昨シーズン前に発売された選手名鑑(「2006プロ野球全選手百科名鑑」日本スポーツ出版社発行)に掲載されていた2006年のゴールデンイーグルスの(外国人選手を除く)63選手中26人が独身なので今後に期待したいですね。

敢えて言うまでもありませんが、シャレですよ。ただお笑いタレントばかりにいいとこ取りをされず、今年はプロ野球選手の華やかな交際が写真週刊誌などを賑わせて欲しいところです。マスコミなどにばれず、いきなり婚約発表なんていうのが一番かっこいいのですが。人気低迷が叫ばれる日本プロ野球ですが、野球ファン以外の人にも関心を持たれるような、恋愛ロマンスで盛り上がるというのも国民的娯楽としてのステータスを取り戻す第一歩だと思います。

松井秀喜選手、早く松たか子さんと結婚して下さい!

なお、こういうオイシイ側面だけで希望球団を決めるのは危険なので<>、明日の同じ時間にもう一つの指標を公開します。お楽しみに。

【参考資料】

@nifty:ベースボールフォーラム:掲示板:プロ野球【噂のシンソー】

2007年3月31日終了予定。※閲覧するにはニフティのIDが必要です。

2006プロ野球全選手百科名鑑」日本スポーツ出版社発行

« 工藤公康のプロテクト漏れ-ベイスターズ入りに関して | トップページ | これからプロ野球選手を目指す人必見!-クビになって再就職が決まりやすい球団はどこ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 工藤公康のプロテクト漏れ-ベイスターズ入りに関して | トップページ | これからプロ野球選手を目指す人必見!-クビになって再就職が決まりやすい球団はどこ? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック