フォト
無料ブログはココログ

« 「生」観戦した野球場(16)-ナゴヤドーム | トップページ | ファイターズ快進撃の影の立役者は最下位チームの監督! »

2006年9月17日 (日)

出るか明日の巨人の星!巨人軍新人入団テスト見物記

今日はジャイアンツ球場で行われた新人入団テストを見物してきました。

50人前後でしょうか、明日の巨人の星を目指す若者達が思い思いのユニフォーム姿でジャイアンツ球場の左中間の外野守備位置あたりに朝10時前に集合。この中から明日の巨人の星が誕生するのでしょうか?

ちなみに駒大苫小牧の田中将大投手らしき姿はありませんでした<笑>。

02_15 かつて四国アイランドリーグの立ち上げの時のセレクションで石毛宏典代表は受験者達を前に「野球選手は帽子まで含めて野球選手として闘う姿だ。この場に帽子を着用していないような奴はやる気を疑う」という趣旨の発言をしましたが、テスト開始を前に集合させられて説明を受ける受験者の身なりを観ると、半分弱くらいでしょうか、帽子をかぶっていない受験者が見受けられます。

もちろん、この段階ではおそらくは応募した人は全員受験可能なのでしょうから、冷やかしとまでは言いませんが、プロを目指すレベルに到底達しない受験者が混ざっていても無理はないでしょう。

テストをする側のジャイアンツは一軍、二軍ともデーゲームのためユニフォーム組のコーチ陣の姿はなく、スカウト部のスタッフに打撃投手、ブルペン捕手、選手出身の球団職員らが立ち会いました。V9戦士として活躍した倉田誠さんや末次利光さんらしき姿も見かけました。

01_59 テストは、まず50m走から。5人が1列になって一度に走ります。どうやらポジション別にゼッケンを割り当てているようで、投手、捕手、内野手、外野手の順で走っていたようです。だいたいこの50m走で、本気でプロの野球選手を目指している受験者と、単に記念に受験している受験者の違いがわかります。走り方とスピードで極端な差が出る組がいくつかありました。

ゴールラインにストップウオッチを持った球団職員が四人待機しており、スピードを計測していました。一度に走るのが5人で、計測するのが4人。最下位でゴールする走者は論外と言うことでしょう<苦笑>。

01_60 続いては遠投テスト。1人が2球ずつ投げるのですが、2人1組となり、交互に1球ずつ2回投げます。

ここまでは全受験者がテストを受けます。合格ラインの数値はわかりませんが、ここで一回目の絞り込みを行います。敗戦処理。の眼には遠投ながらフォームが綺麗だったサウスポーの8番が特に印象に残りました。

ここからは二次テストと呼ばれる実技試験。まず投手がブルペンで投球テストを行います。当初は三塁側のビジター用ブルペンを使用する予定だったようですが、スピードガンが作動しないのか、何か不都合が生じたようで、急遽ライトのフェンスの外にあるホーム様ブルペンに変更になりました。

そんな不都合なブルペンをファームの公式戦で相手チームに使用させていて良いのでしょうか<苦笑>?

02_16投手で二次テストに進んだのは敗戦処理。が遠投テストでお気に入りになった8番を含む13名。ライトのブルペンは観客席から離れており観づらかったのですが、2~3人一組で十数球ずつ投げたのでしょう。8番もスリークオーター気味のフォームから投げ込んでいました。投手のテストはこれで終了のようです。(左写真は敗戦処理。注目の8番の投球テスト)

その後野手はそれぞれの守備位置についてシートノックを受けます。守備位置に散らばった様子から捕手2人、二塁手1人、三塁手、遊撃手各2人、外野手7人の計14人の野手が二次テストに進んだ模様です。

16202最初は外野手へのノックから。守備範囲などを調べるものではなく、返球の正確さと迅速さを調べていたようでした。ノッカーがゴロで飛んでくる安打の打球を放ち、捕球した外野手が指定した位置に返球するというものです。最初は二塁や三塁への返球。そしてフライを捕ってh-むへの返球と変わっていきます。この中ではライトの守備位置から三塁のポジションまでレーザービームもどきの返球を繰り返した162番に敗戦処理。は注目しました。(左写真は162番のレーザービーム返球)

内野手はプロの選手が試合前に受けるようなシートノックを各守備位置で受けます。ノッカーが別段捕球の困難な打球を打っているようには見えませんでした。打球に対する足の動きとか、送球までの全体の流れや、スローイングの正確さをテストしていたのでしょうか。

ここで14人いた野手のさらなる絞り込みがなされます。ポジション別の内訳は不明ながら、この後の打撃テストに9人が進むことになりました。敗戦処理。注目の162番は残りました。他にロシア人と思われる受験者を含む3人の外国人が含まれています。ちなみに不合格になった受験者は、その時点でゼッケンを返却し、退場していきます。

打撃テストは試合前の打撃練習のようにバッティングケージに一人ずつ入り、通常のマウンドより多少前から投げる投手の球を打ちます。よみうりランドの方から、桑江知子の「私のハートはストップモーション」、矢野顕子の「春咲小紅」、渡辺真知子の「唇よ、熱く君を語れ」が聞こえてくる中、一人十球くらいだったでしょうか、打ち続けました。偶然でしょうが、全員右打者でした。なお投手を務めたのは元投手の織田淳哉球団職員だと思われます。

162番は途中から変化球を混ぜられてから、快音が聞かれなくなったのが気になりました。最初はストレートで、変化球に切り替わる時には投手から合図が出ていたにもかかわらず。

打撃テストで目立ったのは、ディロンより打ちそうな外国人と、シートノックでは素早いフォームで矢のような二塁送球を繰り返していた151番の捕手。ロシア人と思われる受験者の打球は詰まってばかりでした。

一通り打撃テストが終わった後、もう一度三人の受験者が呼ばれ、再度打撃テストが行われました。前述の151番と、外野手の164番。そして敗戦処理。お気に入りの164番の三人です。

162 一回目の打撃テストで今ひとつに思えた162番は二度目の打撃テストの最後の一球でレフトオーバーの本塁打を放ちました。この時は数十人のスタンドから、大きな拍手が起きました。

162番最後のスイング。打球はライナーでレフトのフェンスを超えていった!

三人の再テストが終わった後、打撃ケージ周辺で最終審査が行われた後、最後に残った9人の前で合格発表。敗戦処理。お気に入りの162番と、164番の二選手が合格したようです。育成選手制度の新設で、テスト受験者にとっては従来よりは門戸が開放されたのかもしれませんね。彼らはおそらくはドラフト会議の対象選手だと思われますので、ドラフトでの指名を経て晴れてジャイアンツの一員となれるのでしょう。

162164 シャッターチャンスを逃してしまいましたが、三塁ベンチの中で、二人だけでしっかりと握手をしたシーンが印象的でした。その後マスコミの取材を受けていたのもこの二選手だけでしたから、投手からの合格者は出なかったものと思います。

ジャイアンツの入団テストは既に大阪で今月の初めに行われていると思いますが、二度のテストから明日の巨人の星が誕生して欲しいものですね。

« 「生」観戦した野球場(16)-ナゴヤドーム | トップページ | ファイターズ快進撃の影の立役者は最下位チームの監督! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602714/63109446

この記事へのトラックバック一覧です: 出るか明日の巨人の星!巨人軍新人入団テスト見物記:

« 「生」観戦した野球場(16)-ナゴヤドーム | トップページ | ファイターズ快進撃の影の立役者は最下位チームの監督! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック