フォト
無料ブログはココログ

« 「生」観戦した野球場(14)-阪神甲子園球場 | トップページ | 野村監督のXデー?-ゴールデンイーグルスに消化試合は存在しない。 »

2006年8月16日 (水)

真田裕貴を何故代えた?-これじゃあ若手が出てこない!(2)

15日のジャイアンツ対スワローズ戦は脇谷亮太と鈴木尚広が快速を発揮して走りまくり、先制、中押し、ダメ押しと稀にみる効果的な点の取り方をし、安定感抜群の内海哲也が好投。この日一軍に復帰した守護神豊田清の調整登板まで実現したジャイアンツファンにはたまらない、久々の好ゲームだった。しかし敗戦処理。的にはどうしても一言苦言を呈さずにはいられない。それは八回表の継投である。

ジャイアンツが10対1のリードで迎えた八回表。ジャイアンツは好投の先発内海に代えて二番手に真田裕貴を起用した。内海を敢えて降板させたのは次回登板がおそらく中四日での20日の対ドラゴンズ戦になるからで、疲労を残したくなかったのであろう。意図は理解出来る。ただ二番手で登板した真田の出来が今ひとつだった。

真田は先頭の代打・真中満に四球を与えた。9点リードして迎える先頭打者に四球を出すのはいただけないが、それでも続く青木宣親を打ち取り一死。これで立ち直るかと思ったら次打者アダム・リグスに死球。一死一、二塁としてしまった。いわゆる「一人相撲」状態だ。岩村明憲を打席に迎えるところで尾花高夫投手総合コーチと原辰徳監督が出てきて真田は交代を告げられた。

9点リードの八回表に何をばたばたしているのか、と敗戦処理。もテレビを観ながらいらいらしていたが、点差を考えれば、マウンドを林昌範に託すのではなく、敢えて真田に続投という選択肢はなかったのだろうか?

なにしろ9点差である。岩村に本塁打を浴びてもまだ6点差。リリーフを出すのはそれからでも遅くない。なによりも真田にこの回の落とし前を付けさせるべきではないのか。

おそらくこの回の真田登板の意図はこの1イニングを抑えて九回表は豊田のテスト登板という目論見だったのだろう。もっと緊迫した点差なら林か、久保裕也を回の始めから投入していただろうが、その必要はないから真田だったのだろう。しかし内容があまりにお粗末だったから林を注ぎ込んだ。おそらくはこんな感じだろう。

敗戦処理に言わせれば、そもそも真田の一軍投手陣の中での役割分担が曖昧なのが気にいらない。抑え役は豊田不在の間は高橋尚成が務め、高橋尚につなぐためのセットアッパーに久保と林というのが現状の布陣だが、リリーフ陣に関しては決まっているのはここまでで、真田と、豊田との入れ替わりで二軍に落ちた野間口貴彦の起用法にはどうにも方針が感じられないのである。あえて言えば便利屋扱いされているとしか思えない。

真田と野間口は、先発投手が足りない球団だったら先発要員として使われるだろう。ジャイアンツも決して先発投手が充分なわけではないが、何故か六連戦を五人で回し、誰かが中四日になるようなローテーションを組んでいるため、短い登板間隔で投げる先発投手の負荷を軽くするためにリリーフ陣を豊富にしており、真田と野間口もリリーフ要員に組み込まれていた。

原監督は久保と林に関しては何度か手痛い失敗をしようとも、基本的にセットアッパーの座から外さない。久保を一度二軍に落としたことがあったが、再登録してからは同じ使い方にしている。久保も林も今ひとつ安定感に欠けるが、他にこれといった人員も見あたらないし、ここまで高い授業料を払っているのだから、何とかもう一段階上のレベルになってくれというのはわかる。ならばなぜ、セットアッパー登板までの、いわゆる中継ぎ役に真田や野間口を徹底的に鍛えようと考えないのか。鍛える気があるなら、昨日の八回表は真田と心中するくらいの覚悟を持って欲しかった。

ジャイアンツに限らず、最近の傾向として抑え投手だけでなくセットアッパーまで勝ち試合限定に近い起用法になっている。昨年のタイガースのJFK、マリーンズのYFKにしても、同点、せいぜい1点ビハインドくらいで登板することもあるがほぼ勝ち試合(リードしている場面)限定となっている。するとそれ以外のリリーフ投手は、たしかに便利屋的な起用法にならざるを得ないが、それをきちんとこなすのは簡単なようで難しい。そしてその重要性に原監督以下ジャイアンツの首脳陣は気づいていないのではと疑わざるを得ない。

昨年は今季以上に投手陣崩壊が顕著だったジャイアンツだが、それでも悪いなりに何とか体裁を整えていたのは、ブライアン・シコースキーの存在があったからだ。146試合中70試合に登板して7勝1敗、防御率3.29というこの究極の便利屋をジャイアンツは解雇してしまった。解雇の理由について原監督は自身のHP、HARA Spirit 2005年11月15日付けで次のように語っている。

「シコースキーも解雇しました。非常にタフな投手で、監督として使い勝手がいい投手です。しかし、好不調の波も激しく、僅差でリードしている試合などに投げさせるのは不安もあります。あえてシコースキーが投げるポジションを若手に奪ってもらいたいのです。」

だったらなおさら真田裕貴でしょう!

不甲斐ない登板をしたら制裁のように即刻マウンドから降ろすというのが、必ずしも最適な若手投手の育成法なのでしょうか?試合は育成の場より、勝敗を争っているわけだから、投手が危なっかしかったらすぐに次の投手に代える。これは正しい判断ですが、八回表で9点差という、敢えて真田を続投させて奮起を促すには格好の舞台だったのに、それをしない原監督。

別発言でも触れたが、なかなかファームから新戦力が上がってきそうにない今、一軍にいる未成熟な若手を鍛えるのが最も近道だと思うのに、ワンパターンのようにマウンドから降ろすだけ。起用法、育成法ともにもう少し融通というか、柔軟性に考えないと戦力は育たないだろう。

もっともこの傾向は原監督を始めとする現首脳陣特有のものではなく、ジャイアンツという球団の体質そのものなのかもしれない。

ベースボールフォーラムのジャイアンツ掲示板でしばしば議論を交わすTさんの意見によると、香取義隆、角盈男の時代以降、ジャイアンツには本格的なリリーフのスペシャリストが育っておらず、その原因は球団自体が昔ながらの先発完投至上主義から抜け出せず、素材の好い投手は先発完投型に育て、そのラインから外れた選手をリリーフに回すか、あるいは外国人なりトレードなどで外部から抑え役などを引っ張ってくればいいという程度の認識であるから、それが給料の査定にも反映し、現場の投手達も本気でリリーフのスペシャリストになろうなどとは誰も考えないというのだ。

敗戦処理。はこのTさんの意見は見事に的を射ていると思う。これに関しては(敗戦処理。は個人的にあまり信用していないが)スポーツジャーナリストの二宮清純氏も近著「プロ野球戦略会議」廣済堂出版刊でジャイアンツのフロントから、リリーフは先発投手がつとまらない奴がやる仕事という話を聞いたということをはっきりと書いている。

ジャイアンツは今シーズンを前にして監督の首をすげ替えるだけでなく、他球団からコーチ、外国人担当スカウト、コンディショニングコーチ、調査担当を獲得した。他球団のオーナー経験者まで迎え入れた。それでも成果が出ないのはいったい誰のせい?

いい素材がいない訳ではないのだ。育てて、鍛えてくれ。

« 「生」観戦した野球場(14)-阪神甲子園球場 | トップページ | 野村監督のXデー?-ゴールデンイーグルスに消化試合は存在しない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真田裕貴を何故代えた?-これじゃあ若手が出てこない!(2):

« 「生」観戦した野球場(14)-阪神甲子園球場 | トップページ | 野村監督のXデー?-ゴールデンイーグルスに消化試合は存在しない。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック