フォト
無料ブログはココログ

« 森本に続き田中賢介もレギュラーに!-鎌ヶ谷育ちが花開く喜び | トップページ | 巨人パウエルのタッチアップは早かったか?-ビデオ検証導入への一考察 »

2006年7月 6日 (木)

【衝撃】王監督休養、緊急入院へ!!

ホークスの王貞治監督が胃の腫瘍の手術、治療のため6日からチームを離れることが発表された。4日の対ライオンズ戦の試合後、自ら記者会見して公表された。1ヶ月間の入院、治療が必要とされているようだが、現時点では復帰時期は未定とのこと。

テレビ朝日系「報道ステーション」で王監督の記者会見をリアルタイムで観て驚きました。王監督がホークスの監督として指揮を執り始めたのが1995年ですから、もう12年目になるのですね。ましてや今年はWBC日本代表の監督も務め、激務に激務が重なっていたのでしょう。

今の時点で王監督に贈る言葉としては、とにかく治療に専念して下さいとしか、言いようがありませんね。

長嶋茂雄さんも、アテネ五輪野球日本代表チーム監督という重責を担っている時に病に倒れました。

長嶋茂雄さんと、王貞治さん。日本のプロ野球が今日までの興隆を極めていく過程でONと称される、この二人が最大の功労者と言っても過言ではない存在だと思います。そしてONに象徴されてきた日本プロ野球の反映が、どちらかといえば国内完結型のモデルケースであったのに対し、国民の価値観の多様化、特にスポーツ、レジャー、エンターテイメントという点で「野球」に対する競争相手が多くなり、日本野球が国際化に対応していかなければならなくなった時、引っ張り出されたのは五輪代表監督としての長嶋さんであり、WBC代表監督としての王さんであった訳ですが、そのことが直接の原因ではないにしても、日の丸を担った年に病との闘いを余儀なくされたことは偶然では無いように思えます。01_12

  • プロとアマ、統轄団体の壁
  • 代表選手選考の壁
  • 「勝って当然」と思われる重圧

他にもいろいろとあるでしょうが、長嶋茂雄氏を監督の候補にするとかいう以前の問題として-どうする、どうなる、北京五輪・野球日本代表?でも書きましたように、ろくに体勢も整っていないうちに監督候補の名を出している日本代表編成委員会委員長さんら関係各位の方々には自重を望みます。

いろいろと書いてしまいましたが、今はそういった先のことよりも、王監督の健康回復を祈るばかりです。

最後に私事で恐縮ですが、敗戦処理。はジャイアンツのV9時代の最後の方に野球に興味を持ち始めました。昨年のシーズン終了後、ジャイアンツの不成績で、堀内恒夫監督、高橋一三二軍監督等、ジャイアンツのV9戦士のユニフォーム組がことごとくユニフォームを脱ぎました。(他に関本四十四さん、河埜和正さん)今季、V9戦士でユニフォームを着ているのは王監督と、ファイターズで打撃コーチを務めている淡口憲治さんくらいだと思います。時代の流れといえばそれまでですが、淋しいですね。そういう意味でも、王監督には時間をかけて完全に治していただいて、またユニフォーム姿を見せて欲しいです。その時にホークスナインを観て、「もう、俺がいなくても大丈夫だな」ということであれば、勇退なさるのも結構。何はさておいても、健康が第一です。

WBCのことばかり書いてしまいましたが、王さんはホークスの監督であるばかりでなく、球団のGMと、副社長も兼ねていたのでしたね。監督やGMや副社長の代わりはいても、王貞治の代わりはいません。今後はくれぐれも無理をなさらぬように。

« 森本に続き田中賢介もレギュラーに!-鎌ヶ谷育ちが花開く喜び | トップページ | 巨人パウエルのタッチアップは早かったか?-ビデオ検証導入への一考察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【衝撃】王監督休養、緊急入院へ!!:

« 森本に続き田中賢介もレギュラーに!-鎌ヶ谷育ちが花開く喜び | トップページ | 巨人パウエルのタッチアップは早かったか?-ビデオ検証導入への一考察 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック