フォト
無料ブログはココログ

« セ・リーグはどうしてもプレーオフをやらなければならないのか? | トップページ | 日本のプロ野球から「誤審問題」が減らない理由 »

2006年6月13日 (火)

前代未聞の珍事-小関は本当に三塁ベースを踏み忘れたのか?

11日のプロ野球交流戦、マリーンズ対ジャイアンツ戦で李承燁(イ・スンヨプ)が三回表二死一塁でライトオーバーのツーランホームラン…と思ったら一塁走者の小関竜也が三塁ベースを空過。三塁を守っていた今江敏晃のアピールプレイにより小関がアウトとなりスリーアウトに。李の記録は単打となった。

これまでに本塁打がベースの踏み忘れにより幻となったケースは有名な長島茂雄のケースを始め、二例あったがいずれも打者走者本人によるもので、走者によるものは初めて。前代未聞の珍事と言うことで、話題となった。

ところで、このシーン、本当に小関は三塁ベースを踏み忘れたのでしょうか?

いや、敗戦処理。がジャイアンツファンだから負け惜しみで言っているのではありません。この試合を生中継していたテレビ東京は肝心な瞬間を撮り逃していますし、その後に観た他局のスポーツニュースでも肝心な瞬間の映像がありません。今日(12)のスポーツ新聞を6紙-日刊スポーツ、スポーツ報知、スポーツニッポン、サンケイスポーツ、デイリースポーツ、東京中日スポーツ-購入しましたが、どれにも証拠写真がありません。

本当に小関は三塁ベースを踏み忘れているのでしょうか?

「三塁手の今江が目撃しており、三塁塁審の西本欣司審判員も空過を確認していてアピールプレイが成立したのだから、小関は三塁ベースを踏み損ねたのだろう。」というのが大方の人の見方だろうが、ではこれと似たような、ある有名なシーンに当てはめるとどうか?

WBC二次リーグ、アメリカ対日本戦、岩村明憲の左飛で三塁から西岡剛がタッチアップしてゆうゆうセーフでホームイン。と思ったら守備側の抗議で西岡のタッチアップでの離塁が早いと認められ、セーフの判定が覆り、アウトに。

このあまりにも有名なシーンと、李の本塁打のシーン、似ていませんか?

我々日本のファンの大半が、あのWBCでの判定を100%誤審だと決めつけているのは、当日、現地(アメリカ)で中継したテレビ局が一画面ではないが外野手の捕球と西岡のスタートを比較するVTRを流し、その映像によると西岡のタッチアップは正規のものであると推測出来るからである。

WBCのシーンと、マリーンズ対ジャイアンツ戦のシーンの違いは証拠映像の有無。一方は100%誤審と決めつけられ、一方は走者のミスと決めつけられる。

ジャイアンツは小関が三塁ベースを踏んでいると思われるVTRを観たらしく、連盟に抗議文を提出するらしい。これまでの例から言って、仮にそのようなVTRが存在しても、判定が覆ったりすることはそれこそ100%あるまい。敗戦処理。も小関が三塁ベースを踏んだのではと主張したいのではない。このあまりにも一方的な報道に、三ヶ月前の国際大会での大騒動を想い出し、重ね合わせて比較してみたら、小関の踏み忘れと決めつけることに何かおかしさを感じただけである。

敗戦処理。は地上波テレビとBS(地上、デジタルとも)のみ視聴可能な環境で、もしもこれ以外のメディアで小関が確実に三塁ベースを空過したという映像が残っていれば話は別だが、少なくとも現時点でそういう話は聞かない。テレビ東京は本当に惜しいことをした<苦笑>

小関は本当に三塁ベースを踏み忘れたのでしょうか<>

そしてあなたは、小関が本当に三塁ベースを踏んでいないと断言出来ますか<笑>?

最後に、小関もアンビリーバブルでありえないプレーをしたが、本塁打を自ら放ってホームベースを踏み忘れたという元カープのアート・ガードナーこそ、最もアンビリーバブルでありえない世界だと思う。

« セ・リーグはどうしてもプレーオフをやらなければならないのか? | トップページ | 日本のプロ野球から「誤審問題」が減らない理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞の珍事-小関は本当に三塁ベースを踏み忘れたのか?:

« セ・リーグはどうしてもプレーオフをやらなければならないのか? | トップページ | 日本のプロ野球から「誤審問題」が減らない理由 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック