フォト
無料ブログはココログ

« 「生」観戦した野球場(4)-西武ライオンズ球場 | トップページ | 巨人応援団またパクリ? »

2006年3月18日 (土)

日本代表の準決勝進出は「奇跡」ではない!

WBC二次リーグで、一時は絶望視されていた日本代表の準決勝進出が、アメリカ代表がメキシコ代表に敗れたことにより実現した。

昨日(17)の夕刊紙、TVのニュース、今朝の報道で盛んに「奇跡」というフレーズが用いられているように感じるが、敗戦処理。はこの事態を決して「奇跡」とは思わない。

もちろんマスコミ特有の、対象となる読者、視聴者の関心を引き寄せるためのフレーズだということは承知しているつもりだが、決してゼロに近いとは思えない可能性が現実になっただけのことを「奇跡」などと騒いでしまうと、まさか選手や関係者までもこの事態(アメリカがメキシコに敗れたこと)を奇跡に近い出来事と捉えているのではないかと敗戦処理。は不安視してしまう。

アメリカもメキシコもともに一次リーグを勝ち抜いて二次リーグに進出したチームである。アメリカがメキシコに敗れる確率は決して低くはないはずだ。ましてや日本が準決勝に進出するための条件である「アメリカが2失点以上で敗戦」は、野球におけるスコアで1対0というケースがそうは起きないということを考えると、「アメリカがメキシコに敗れること」と置き換えてもおかしくないくらいだ。

日本代表チームは韓国代表戦に敗れた後、準決勝の開催地サンディエゴに移動したもののこの日は自由行動だったという。試合の疲労感の除去、リフレッシュという意味では効果的な時間の使い方といえるかもしれないが、完全に気持ちが切れてしまう選手がいるのではないかと老婆心ながら敗戦処理。は心配してしまう。

イチローが「同じ相手に三回続けて敗れるということは許されないこと」というようなことを語っていたが、二回戦って二回とも負けたということは偶然ではなく理由があるわけで、精神論でぶつかっていっても、三度目の正直で勝てる保証はない。

そもそも二次リーグ一勝二敗の三チームの中から日本代表が準決勝進出を勝ち得たのも、同じ勝敗ながらも日本が最も失点を抑え、最も得点を挙げていたからだ。一次リーグも含め、日本代表の敗戦はすべて1点差負け。最後の最後まで可能性の残る試合をしていたことが規定によって救われる原因になったわけでそれを幸運とか強運とか、ましてや奇跡と結びつけることは敗戦処理。に言わせれば見当違いなのである。

すべては必然であり、仮に王貞治監督がそこまで考えて采配していなかったとしても、日本代表チームなりにベストを尽くした結果が準決勝進出という事実なのである。これから起こることもその大半は偶然ではなく、原因があって結果が出るに過ぎないはずだ。日本代表はどこまでいけるのか。準決勝が日曜の昼間で、決勝が祝日とはラッキーこの上ない。最後までテレビの前で見届けたい。

« 「生」観戦した野球場(4)-西武ライオンズ球場 | トップページ | 巨人応援団またパクリ? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表の準決勝進出は「奇跡」ではない!:

« 「生」観戦した野球場(4)-西武ライオンズ球場 | トップページ | 巨人応援団またパクリ? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック