フォト
無料ブログはココログ

« 田中幸雄は2000本安打を達成出来るのか? | トップページ | アメリカの、アメリカによる、アメリカのための大会(2)-野球界にFIFAはない »

2006年3月21日 (火)

おめでとう日本代表チーム-第1回WBC世界一の栄冠!

日本代表チーム、第一回WBC世界一おめでとうございます。

テレビで観ていて、こんなに一瞬一瞬、すべてのプレーに魅入られた闘いは珍しい。日本代表が何点取っても、決して諦めることなく食らいついてくるキューバ代表チーム。一回表に日本代表が4点を先制したとはいえ、ほとんど点差というものを感じさせない緊迫感、これが国際試合のプレッシャーなのか。

ファインプレーを続けていた選手達が、当たり前のことを当たり前にこなしていた選手達が、急に守備でミスをし始めるプレッシャー。それらも含めて、これが世界の頂点に立つということの難しさなのだろう。

決勝で対戦したキューバはもちろんのこと、韓国、アメリカ、メキシコ、素晴らしいチームだ。サッカーに比べると世界レベルでの普及度は低いが、今回の参加国、上位進出国を観ていると、そのレベルの高さに驚かされる。そんななか、よくぞ日本代表チームは最後まで勝ち抜いてくれた。

大会の運営に関してはいろいろと言いたいことはあるが、それは別の機会にあらため、今日は素直に日本代表の快挙を喜びたい。

本当に素晴らしい試合だった。繰り返しになるが点差やイニングを感じさせない緊迫感。日本が勝ったから言えるのかもしれないが、やっぱり野球というスポーツは素晴らしい。

イチローのリーダーとしての有言実行ぶり、川崎宗則、西岡剛といった若きプレイヤーのハツラツとした動き。不動の四番、松中信彦の存在感。長打力と球際に強い守備で魅せてくれた多村仁、これまで大舞台での印象が薄かった小笠原道大の堅実な一塁守備と、欲しい時に確実に犠飛を上げた仕事人ぶり。不慣れな球数制限という制約を受けながら役割をきちんと果たした上原浩治、松坂大輔、渡辺俊介の先発投手陣。後を受けた藤田宗一、藪田安彦、大塚晶則のリリーフ陣。そしてその選手達を導いた王貞治監督。みんな、みんな、本当にありがとう。

思えば昨年はアジアシリーズがあったから11月の上旬まで真剣勝負に酔いしれた。そして今年はこのWBCのお陰で3月から真剣勝負の緊張感を味わえた。野球にも、まだまだ多くの人を引きつける力はあるのだ。

王監督は日本代表監督就任の際に「いろいろと問題点はあるかもしれないが、とにかく第一回をスタートしないと先に進まない」というようなことを言っていた。そして世界一を勝ち得た後に「これはゴールではない。スタートなのだ」と語ったという。この大会の結果が野球というスポーツの真の国際化の第一歩となり、それが遅々として進まぬ日本野球界の改革にも好影響を及ぼすことを期待したい。

最後にもう一度、王監督、今までにないプレッシャーに悩まされたでしょうが、素晴らしい試合をありがとうございました。おめでとうございます。

« 田中幸雄は2000本安打を達成出来るのか? | トップページ | アメリカの、アメリカによる、アメリカのための大会(2)-野球界にFIFAはない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう日本代表チーム-第1回WBC世界一の栄冠!:

« 田中幸雄は2000本安打を達成出来るのか? | トップページ | アメリカの、アメリカによる、アメリカのための大会(2)-野球界にFIFAはない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック