フォト
無料ブログはココログ

2018年7月19日 (木)

歴代3位の若さで通算1500試合出場を達成した坂本勇人。二つの記録への挑戦-登録抹消になったけど。

Cdsc_4328
ジャイアンツの坂本勇人
16日の対タイガース戦に出場して通算1500試合出場を達成した。プロ野球史上191人目の記録だが、297か月という若さでの達成は2810か月で達成した榎本喜八さん、294か月で達成した豊田泰光さんに次ぐ3位の年少記録。20歳代での達成は他に土井正博がいるだけで、4人しかいない。


皮肉にも節目の試合で左脇腹を痛め、翌17日に三年ぶりとなる出場選手登録の抹消となってしまったが、入団二年目の2008年からジャイアンツでレギュラーの遊撃手として大きな故障に泣かされることなく頑張ってきた積み重ねでの勲章だ。


坂本勇が若くして出場記録を達成しただけに、敗戦処理。は今後の坂本勇に二つの記録の可能性を夢見ている。

» 続きを読む

2018年7月16日 (月)

上原浩治を“勝利の方程式”に入れて大丈夫なのか!?

Adsc_4393
短いオールスター期間が終わり、
16日から公式戦が再開。前半戦を2位とはいうものの4041敗1引き分けと負け越しで終えたジャイアンツ。しかし前半戦の終盤にはテイラー・ヤングマン、クリストファー・メルセデスといったこれまでファームで投げていた外国人投手の台頭などもあって四連勝で締めくくった。その一方でクローザーを務めたアレキサンダー・カミネロが登録抹消。7月に入って四試合に登板して内三試合に失点した澤村拓一が前半戦最終戦に当たる11日にベンチ入りを外れる事態と、不安要素が大きい。


カミネロの穴はスコット・マシソンをクローザーに据えることで格好が付きそうだが、そのマシソンがクローザーに専念するために“勝利の方程式”に高橋由伸監督は上原浩治を組み入れるという。敗戦処理。は上原が気になる。上原を“勝利の方程式”に入れて大丈夫なのか!?


上原は公式戦再開となった16日の対タイガース戦で2対1とリードした七回裏に登板して1イニングを三者凡退に抑えたが、まだ手放しでは喜べない?

» 続きを読む

2018年7月15日 (日)

源田壮亮は長嶋茂雄を超えたが宮西尚生は山口鉄也を超えていない!?

Adsc_0188


6
日に日本プロ野球最多ホールド記録を塗り替えたファイターズの宮西尚生に関して翌7日にファイターズの宮西尚生が274ホールドの日本プロ野球最多記録を達成。 というエントリーを立てたところ、旧知のジャイアンツファンから「宮西を讃えるのもいいけどジャイアンツファンでもあるのだから山口鉄也にもエールを送って欲しかった」との指摘があった。もちろん、現役であるジャイアンツの山口鉄也に再逆転のチャンスはあるし、復活して欲しいと願っている。


ただ、エントリーを読んでくださった方には理解いただけないかと思っているが、宮西の記録を讃える一方で、選手の流出が相次ぐファイターズでの達成という点にスポットを当てたものでもあるので、山口鉄に触れなかっただけだ。


(写真:通算最多ホールド数の記録を宮西尚生に抜かれたジャイアンツの山口鉄也。 2012年4月撮影)

» 続きを読む

2018年7月10日 (火)

逮捕された柿澤貴裕容疑者は“元巨人”なのか!?

Cdsc_01
同僚選手の用具を盗み、中古品買取専門店に売却していた柿澤貴裕容疑者が8日に神奈川県警多摩署に逮捕されたことを受け、ジャイアンツは「元支配下選手が逮捕される事態となり、ファンの皆さまを失望させてしまったことを深くおわび申し上げます。選手に対する法令順守の指導・教育をこれまで以上に徹底してまいります」とコメントした。


このコメント、敗戦処理。には“引っかかる。”


(写真:ジャイアンツ球場に隣接する室内練習場にある選手用ロッカー。 2009年9月撮影)

» 続きを読む

2018年7月 9日 (月)

柿澤貴裕容疑者、逮捕。

Bdsc_5542
5
月から6月にかけて同僚選手の野球用具を盗んで買い取り専門店に売り飛ばしていたことが発覚して、所属するジャイアンツから7日に契約解除を通告された柿澤貴裕容疑者が8日、窃盗の容疑で神奈川県警多摩署から逮捕された。


まだ野球賭博問題が記憶に新しいのに、昨年は山口俊の暴行、今季も河野元貴篠原慎平による裸動画の投稿問題と不祥事が続く中で「またか…」という愚行。開いた口がふさがらない。


(写真:ジャイアンツ球場でファンにサインをする柿澤貴裕容疑者 20175月撮影)

» 続きを読む

2018年7月 7日 (土)

ファイターズの宮西尚生が274ホールドの日本プロ野球最多記録を達成。

Cdsc_7134
ファイターズの宮西尚生
6日に行われた対マリーンズ戦の十回裏に登板して1イニングを三者凡退の無失点に抑え、今季17ホールド目を記録。入団以来の通算ホールド数が274となり、ジャイアンツの山口鉄也が持つ通算273ホールドを超えて日本プロ野球最多記録を樹立した。


2008年の入団年から昨年まで10年連続で50試合以上に登板というパ・リーグ歴代トップ、日本プロ野球全体で見ても上を行くのは岩瀬仁紀15年連続しかいないという鉄腕ぶりを発揮している“北の鉄腕”に新たな勲章が加わった。


(274ホールドを達成して日本プロ野球最多記録となったファイターズの宮西尚生。 2018年5月撮影)

» 続きを読む

2018年6月28日 (木)

漫画『ドカベン』連載終了。-水島新司先生に期待する次回作ともうひとつ…

Adsc_0045_2
本日28日発売の『週刊少年チャンピオン』712日号(秋田書店)を以て水島新司氏の漫画『ドカベン ドリームトーナメント編』の連載が終了した。同時に、長く続いた『ドカベン』シリーズの最後となった。


敗戦処理。も子どもの頃からずっと読み続けてきた作品だけに感慨が深い。


水島新司先生、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。


(写真:登録名“あぶさん”でマスターズリーグに出場する水島新司氏。 20091月撮影)

» 続きを読む

2018年6月23日 (土)

【言語道断】リプレー検証のシーンを試合後に再検証

Cdsc_4792
22
日のバファローズ対ホークス戦であってはならないことが起きてしまった。この試合の3対3で迎えた十回表二死一塁でホークスの中村晃が放ったライトのポール際に飛んでスタンドに入った大飛球がファウルと判定されて、ホークスの工藤公康監督がリクエスト権を行使。審判団がリプレー検証を行った結果、判定が本塁打(フェア)と覆った。試合はこの一打が決勝点となり、ホークスが5対3で接戦を制した。


このリプレー検証の結果に不服だったバファローズの福良淳一監督が試合終了後に審判団に詰め寄って、責任審判の佐々木昌信審判員(二塁塁審)と再度リプレー検証をしたところ、あろうことか佐々木審判が、本塁打と判定したのは誤審だったと認めたという。


23日午前、NPBの仲野和男パ・リーグ統括と友寄正人審判長が福良監督らに“リプレー誤審”の事情説明や謝罪を行い、その席でバファローズ側は中村晃の打席からの“やり直し”を求めたという。


本当に中村晃の打球がファウルだったのなら、何故リプレー検証をしたのに“本塁打”と判断したのか?


また、試合後にリプレー検証の結果に異議を唱えられたからと言って、何故再検証したのか?


いろいろと問題の多い出来事だと思う。


(写真:リクエストに応じてリプレー検証を行うことを場内説明する審判員。 20184月撮影。 ※本エントリーで取り上げた試合とは別の試合です。)

» 続きを読む

2018年6月21日 (木)

大田泰示と岡本和真がそろってファン投票でオールスターに初選出か

Adsc_0409_2
18
日に今年のオールスターゲームの最終中間発表が行われた。敗戦処理。が注目する大田泰示岡本和真はいぜんとしてそれぞれのポジションでトップを走っている。


大田はパ・リーグの外野手部門で、岡本はセ・リーグの一塁手部門で、それぞれファン投票で選出されるだろうか?

 

 

» 続きを読む

2018年6月19日 (火)

梨田昌孝監督、辞任。

Acsc_6721_3
パ・リーグの最下位をひた走るゴールデンイーグルスの梨田昌孝監督が
16日の試合後に辞意を表明。立花陽三球団社長から慰留されたものの意志は固く、同日限りでの辞任となった。


今季のゴールデンイーグルスは開幕から低迷が続いたが、梨田監督は借金20を自分が身を引く潮時だと悟っていたようだ。


いわゆるセイバーメトリクス的データを駆使した戦略室の創設など既存球団がなかなか出来そうで出来ない改革を推し進めていく姿勢には個人的にも関心を持っていたが、成績低迷の責任の取り方は既存球団と変わりなく現場監督が身を引く形だった…。

» 続きを読む

«ジャイアンツの篠原慎平と河野元貴が謹慎処分に。

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック