フォト
無料ブログはココログ

2018年1月21日 (日)

昨年の二の舞に!?-ジャイアンツが5人目の外国人選手を獲得

Aasc_0031
blogでは18日付でもう補強は一区切り!?2018年のジャイアンツはどうなる? というエントリーを立てたが、甘かった。16日に前ブリュワーズのテイラー・ヤングマン投手の獲得を発表した。先発型の投手で、マイルズ・マイコラスの抜けた穴を埋める目的とみられている。


ジャイアンツの外国人選手は支配下に限ってもスコット・マシソン、アレクサンダー・カミネロ、ケーシー・マギー、アレックス・ゲレーロに加え、ヤングマンで5人となった。


(写真:ジャイアンツが獲得したヤングマン。※写真はイメージです。2010年8月撮影)

» 続きを読む

2018年1月18日 (木)

東京スポーツが報じたドラゴンズ岩瀬仁紀の人的補償移籍拒否は本当なのか?

Adsc_0176
昨日17日の東京スポーツが1面で報じた、ドラゴンズの岩瀬仁紀がフリーエージェントでの大野奨太獲得に伴う人的補償でファイターズから指名されながら移籍を拒否したという報道に関して、今このエントリーを書いている時点で他の媒体が一切取り上げている様子がないのだが、記事にあるとおり、移籍拒否があってファイターズが大人の対応をして金銭のみの補償に切り替えたとしたら、ドラゴンズだけでなくファイターズ側も問題のある対応だったと言わざるを得ないが、果たして真相は…!?


(写真:ファイターズから人的補償での移籍を求められながら拒否した斗東京スポーツが報じた岩瀬仁紀<左>。 2009年4月撮影)

» 続きを読む

2018年1月15日 (月)

“人の噂も七十五日”!?原辰徳氏らが野球殿堂入り

Adsc_1274
15
日、野球殿堂博物館にて平成30年度の野球殿堂入りの通知式が行われ、競技者表彰で松井秀喜氏、タイガースの金本知憲監督、ジャイアンツの特別顧問を務める原辰徳氏の三氏、特別表彰ではアマチュア野球で多くの指導者を育てた瀧正男氏が野球殿堂入りしたことが発表された。


原巨人軍前監督に関しては、敗戦処理。としては2012年に正力松太郎賞を受賞した際に拙blog20121115日付で正力松太郎賞が原辰徳監督で本当にいいの? で書いたように“あの件”をうやむやに終わらせたことで、野球界の晴れがましい表彰にはそぐわないのではないかと思う。だが、“人の噂も七十五日”の諺もある。あの騒動から五年半。他にも過去にいろいろあった野球人が殿堂入りした例はある。野球殿堂入りすべき人物と認められたというだろうか。


(写真:競技者表彰、エキスパート部門で野球殿堂入りが決まった原辰徳前ジャイアンツ監督)

» 続きを読む

2018年1月14日 (日)

北海道日本ハムファイターズ 2018新入団選手歓迎式典&交流会

Adsc_1134
今日(14)は昨日のジャイアンツに続いてファイターズの新人合同自主トレを見物してきた。といってもファイターズの新人合同自主トレは今年も新人選手がゼッケンの類を付けておらずスタンドから観て識別が困難。清宮幸太郎こそ見分けがついたものの清宮以外の六選手は誰が誰だかわからない。今日の鎌ヶ谷行きの目的はむしろ、恒例の新入団選手歓迎式典&交流会見物。



2008年の中田翔入団を機に今のスタイルになったのでもう11年目になる。今年はどう見ても過熱し過ぎと思える清宮人気を警戒して初めて前売り券を発売。2000名分が数日で完売したというから驚きだ。

» 続きを読む

2018年1月13日 (土)

今年初の球場行きはジャイアンツの新人合同自主トレ

Adsc_0432
今日
(13)、今年になって初めて“野球”を観てきた。ジャイアンツ球場で行われているジャイアンツの新人合同自主トレに行ってきた。


(写真:キャッチボールを始めたジャイアンツの15人のルーキー達。あれ、支配下と育成8人ずつの指名で16人じゃなかった!? )

» 続きを読む

2018年1月11日 (木)

アレックス・ゲレーロをどう活かすか?-こんなオーダーが観たい-2018年ジャイアンツ篇

Adsc_8278
前エントリーもう補強は一区切り!?2018年のジャイアンツはどうなる? に続いて今度は今季のジャイアンツ打線を敗戦処理。なりに考えてみたい。アレックス・ゲレーロを獲得した時点で各スポーツ紙などに載った予想オーダーは概ねこんな感じだった。


()陽岱鋼
()吉川尚輝
()坂本勇人
()ゲレーロ
()マギー
()阿部慎之助
()長野久義
(
)小林誠司
青文字は左打者。以下同じ。


ゲレーロは昨年のセ・リーグの本塁打王だ。基本的には四番を打ってほしい。昨年四番を打っていた阿部慎之助にはまだまだ頑張ってもらわないと困るが、40歳になる年齢を考えると、年間を通してベストコンディションを保てるかは疑わしい。2000本安打達成を目指して突っ走った昨年と異なり、モチベーションの低下が心配だ。阿部には四番はおろかクリーンアップからも外し、負担がややかからない六番で勝負強さを発揮してもらいたい。敗戦処理。も考えついた。ただ、それと同じでは面白くない!?


(写真:二年目で大きな飛躍が期待される吉川尚輝。「二番・二塁」定着を期待する声が多い。 2017年9月撮影)

» 続きを読む

2018年1月 8日 (月)

もう補強は一区切り!?-2018年のジャイアンツはどうなる?

Adsc_0250
blog15日付ファイターズは清宮幸太郎をどう育成していくのか?-こんなオーダーが観たい-2018年ファイターズ篇 で、一足早く今季のファイターズのオーダーを願望してみたが、そうなるとジャイアンツも願望してみたい。


ジャイアンツのこのオフの補強といえば、打撃陣では昨年ドラゴンズでセ・リーグの本塁打王に輝いたアレックス・ゲレーロを獲得したことがトピック。当然、四番に座ってもらわなければ困る。ゲレーロを中心にオーダーを考えてみたい。しかしどちらかというと、マイルズ・マイコラスが抜けて、野上亮磨を獲得した投手陣の方が気になる。


(写真:敗戦処理。が勝手に今季のキーマンと見ている七年目になるスコット・マシソン。 2014年3月撮影)

» 続きを読む

2018年1月 6日 (土)

星野仙一楽天野球団副会長急逝

Adsc_7673
ドラゴンズ、タイガース、ゴールデンイーグルスの三球団で監督を務め、そのいずれにおいてもチームを優勝に導いた名将で、現役時代にはドラゴンズのエースとして“打倒巨人”を旗印に気迫を前面に出した投球スタイルだった星野仙一ゴールデンイーグルス球団副会長が
4日未明になくなられたことが明らかになった。まだ70歳だった。


(写真:昨年5月、ジャイアンツ球場にゴールデンイーグルスのファームの対ジャイアンツ戦視察に訪れた星野仙一副会長)

» 続きを読む

2018年1月 5日 (金)

ファイターズは清宮幸太郎をどう育成していくのか?-こんなオーダーが観たい-2018年ファイターズ篇

Adsc_0016
大谷翔平
のポスティング移籍が決定し、大きな戦力ダウンになる今年のファイターズ。他にもクローザーの増井浩俊と、その前の八回を任せていたセットアッパーのクリス・マーティンの流出、B☆Bも地域貢献活動中心にシフトチェンジと、戦力的には5位に終わった昨年よりさらにダウン必至。



そんななか、明るい話題といえば新たなスラッガー候補である清宮幸太郎をドラフトで獲得したこと。大谷が抜けるタイミングで清宮が入ってくる。清宮には一年目からの活躍を望まざるを得ない状況になった。


ファイターズは高校卒の野手を育てるのが上手い球団といわれているが、あの中田翔も入団一年目にはオープン戦で二軍落ちすると、一年間そのままファーム暮らしだった。中田と清宮ではモノが違う、と見る向きもあるだろうが、ファイターズは清宮をどう育成していくのか?清宮は一年目から活躍できるのだろうか?


(写真:一塁手としてシートノックを受ける早稲田実業時代の清宮幸太郎。 20167月撮影)

» 続きを読む

2018年1月 3日 (水)

まさに初夢!-NPB、エクスパンション実施で2022年から16球団に!

Adscn3524
新年早々ビッグニュースが飛び込んできた。日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーと前コミッショナーでコミッショナー顧問を務める熊崎勝彦氏が記者会見を開き、いわゆるエクスパンションを行って
2022年から十六球団にすることを発表した。会見では2022年までの計画なども語られた。


(写真:2022年に実施するエクスパンションに関して記者会見を行う熊崎勝彦コミッショナー顧問)

» 続きを読む

«敗戦処理。の知らない世界-独立リーグにいた逸材【回想】敗戦処理。生観戦録-第44回 2017年(平成29年)編

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック