フォト
無料ブログはココログ

2017年11月23日 (木)

ジャイアンツ・ファンフェスタ2017

Adsc_0312
ファン感謝デー”と言う呼び方の方がなじむ年代なのだが十二球団のファンフェスタが最も集中する今日23日、東京ドームで行われるジャイアンツのファンフェスタに行ってきた。


(写真:引退選手セレモニーの後、チームメイトから胴上げされる片岡易之)

» 続きを読む

2017年11月20日 (月)

もはやギネスブック級レベル!?ジャイアンツの成瀬功亮、育成選手契約八年目に突入。

Adsc_6619
まさにギネスブック級の記録だ。ジャイアンツの育成選手成瀬功亮投手が
20日、来季の契約を推定で20万円アップの年俸310万円で更新したのだが、なんと来季で育成選手契約が八年目になる。この間、支配下選手登録されたことは一度もない。同期でホークスに今季で育成選手契約七年目の伊藤大智郎投手がいるが、こちらは今季限りで戦力外通告を受けた様なので成瀬の育成選手契約八年目は単独での日本記録になる。


(写真:来季で育成選手契約八年目になるジャイアンツの成瀬功亮。 20179月撮影)

» 続きを読む

2017年11月19日 (日)

岡本和真が来季から村田修一の「背番号25」を背負うことに。でもそれよりも…

Adsc_0030
19
日の日刊スポーツによると、ジャイアンツの岡本和真内野手が来季、今季まで村田修一がつけていた「背番号25」を背負うという。2014年のドラフト会議でジャイアンツから1位指名を受けた将来の大砲候補も三年間は大半がファーム生活。今季はケーシー・マギーの加入もあって外野に回っていたが、先月のフェニックスリーグから再び三塁に挑戦していた。


今季まで「背番号25」を背負っていた村田がチームの若返りの方針から戦力外になり、その後釜で正三塁手候補となる岡本に「背番号25」をという発想だろうけど、ちょっと待ったと言いたい。


(写真:来季「背番号25」を背負うことになるジャイアンツの岡本和真<右端>と、今季まで「背番号25」を付けていた村田修一<左から二人目>。 20162月撮影)

» 続きを読む

2017年11月15日 (水)

NPB、来季からリプレー検証要求制度「リクエスト」導入。大リーグの「チャレンジ」とは違うの?今季までのリプレー検証と同じじゃないの?

Adsc_1323
NPBは
13日、アメリカ大リーグで導入されている「チャレンジ」に相当する「リクエスト」を来季から導入することを決めた。


「リクエスト」は監督だけに行使が認められ、ストライクかボールか等一部を除き、判定に疑問を感じた際に審判団にリプレー検証を求めることが出来る。一試合で二回まで行使出来るが、判定が覆った場合は一回とカウントされない。


大リーグでは「チャレンジ」の名称で浸透されているが,NPBで何故異なる名称を使用するのかは今のところ謎


しかし、昨年からのリプレー検証も範囲は限定されていたものの来季から導入される「リクエスト」とそんなに変わらないのではという気がする。

» 続きを読む

2017年11月14日 (火)

中田翔、フリーエージェント権を行使せず。

Adsc_7011_2
今オフのフリーエージェント戦線の最大の目玉と言われていたファイターズの中田翔が、FA権行使手続き最終日の今日14日、球団事務所で記者会見を行い、FA権を行使しないことを表明した。また、来季の契約も更改し、推定年俸28000万円から8000万円ダウンの推定2億円でサインした模様。



宮西尚生に続き、FA権を持つ選手を引き留めてなおかつ年俸ダウンで更改させるファイターズのしたたかさはなかなかなものだが、入団時から中田をずっと応援し続けている敗戦処理。としても本心を言えばFA宣言、移籍を覚悟していたので何よりの朗報だ。


だが、したたかな球団だけにもろ手を挙げて喜ぶわけにはいかない!?

» 続きを読む

2017年11月13日 (月)

ヤクルトがソフトバンク山田大樹を獲得。あれ!?

Adsc_0014
11
日、スワローズがホークスから戦力外通告を受けた山田大樹投手を獲得したと発表した。


選手獲得のお知らせ

山田大樹投手(福岡ソフトバンクホークス)の獲得に関して、基本的合意に至りましたのでお知らせします。

なお、背番号は「34」です。

※1112日午後より松山キャンプに参加予定です


東京ヤクルトスワローズ公式ホームページより。


ヤクルトがソフトバンク山田大樹を獲得 背番号34

 ヤクルトは11日、ソフトバンクから山田大樹投手(29)を獲得する基本合意に達したと発表した。背番号は「34」となる。


 山田は06年に育成1位で入団。大型左腕として10年に支配下登録されると、12年には自身最多の8勝をマーク。左肘手術を乗り越えるなどの苦労人で、11年にはパ・リーグの育成選手としては初の日本シリーズ勝利を挙げた。

 

 今季2軍では22試合に登板し、10勝5敗、防御率2・35の好成績を残している。

 ヤクルトは左腕が不足しており獲得調査を続けていた。愛媛・松山市内で行われている秋季キャンプには12日から参加予定だ


日刊スポーツ
11111330


うーん、どちらも間違いではないが、不充分だな。


(写真:ホークスからスワローズに移籍する山田大樹。 20136月撮影)

» 続きを読む

2017年11月12日 (日)

大谷翔平がついにポスティングシステムでの大リーグへの移籍挑戦を表明。そしてどんどん人がいなくなる。

Adsc_0277
11
日、ファイターズの大谷翔平が記者会見を開き、今オフにポスティングシステムを利用して大リーグに移籍する意向を表明した。


多くのマスコミ報道から、大谷が今オフにポスティングシステムを利用して大リーグへの移籍を目指すことはいわば既定の事実のように思われていたが、ついに本人が口にした。


入団時の経緯を考えれば遅かれ早かれ大谷がファイターズの一員でなくなることは自明の理であるので割り切ってこの事実を受け入れている自分(敗戦処理。)がいる一方で、やぱりちょっと早いかなと残念に思うファイターズファンとしての自分がいる。

» 続きを読む

2017年11月 6日 (月)

ストーブリーグが始まった!-ホークスを日本一に導いた一軍三コーチが退団。日本一を決めた翌日に…

Adscn3316
日本シリーズ終了から一夜明けた
5日、早くもストーブリーグが始まったと感じさせる報道が出た。日本一に輝いたホークスの佐藤義則投手コーチが退団。ホークス在籍前に所属していたゴールデンイーグルスに投手コーチとして復帰するという。


ホークスでは他に鳥越裕介内野守備走塁コーチ、清水将海バッテリーコーチの怠惰も発表され、リーグ優勝、日本一を支えた一軍コーチが三人抜けることになる。なお、鳥越、清水両コーチは井口資仁新監督が率いるマリーンズに移籍することが濃厚だとか。さもありなんという感じだ。



日本シリーズ終了の翌日だというのに、早くもストーブリーグ満開という感じ!?


写真:日本一の翌日、早くも退団と移籍が報じられたホークスの佐藤義則投手コーチ<左端>。 201610月撮影)

» 続きを読む

2017年11月 5日 (日)

異常識の采配!?-2017年日本シリーズ雑感

Adscn0554
盛り上がりに盛り上がった今年の日本シリーズは第
6戦でホークスが延長十一回の死闘を制して二年ぶりの日本一を勝ち取った。セ・リーグで3位ながらクライマックスシリーズを勝ち上がったベイスターズは3連敗の後に2連勝と粘りを見せたが、ついに力尽きた。


今年はジャイアンツもファイターズも日本シリーズどころかクライマックスシリーズにすら出場できず個人的に寂しいポストシーズンゲームだったが、やや距離を置いて観ただけに物足りなさもあったが俯瞰で観る楽しさもあった。特にこの日本シリーズは本当に素晴らしかったが、第6戦には特に唸らされた。


(写真:ホークスが日本一を決めた日本シリーズ第6戦でまさかの3イニングを力投して日本シリーズのMVPに輝いたデニス・サファテ。 20164月撮影)

» 続きを読む

2017年10月30日 (月)

ジャイアンツが實松一成に戦力外通告。

Adsc_0133
30
日、ジャイアンツは實松一成捕手に戦力外通告を行った。


このエントリーを書いている時点で實松本人の談話を見つけていないが、まだまだ小林誠司、宇佐見真吾らのバックアップとして来季もベテランの味を発揮してもらうと期待していたので個人的には残念。


(写真:同学年の藤川球児からサヨナラ安打を放ち、チームメイトから祝福を受ける實松一成<左端>。 2011年5月撮影)

» 続きを読む

«クライマックスシリーズとポスティングシステム 

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック